イム・ジヨンの恋人に関心集中…青年事業家、自然保護専門


女優イム・ジヨンがW-財団イ・ウク理事長と交際を認めた中、イ・ウク理事長に対する関心が高まっている。

26日、イム・ジヨンの所属事務所HUAYI BROTHERS側は26日、毎日経済スタートゥデイに「熱愛説報道に接し、本人に確認した結果交際中であることは事実」だと熱愛説を公式に認めた。

W-財団のイ・ウク理事長は1988年生まれで漢陽大学法学科を卒業した青年事業家だ。

2011年大学在学中に「疎通のための若き財団」を設立し、翌年「W-財団」に拡張された。彼は気候変化および自然災害による気候難民緊急救護、自然保全活動などに力を注いでいることで有名だ。

最近ではカンボジア農民飲料支援と医療救護事業、アフリカの住民に医療伝達などを進行した。昨年12月に行われた大国民温室ガス削減運動宣誓式ではグループINFINITEと俳優ペク・ソンヒョンとともに広報大使に委嘱された。

ペク・ソンヒョンはイム・ジヨンとイ・ウクの架け橋ともなった。ペク・ソンヒョンは芸能人サッカーチームFCアベンジャーズのメンバーとして2014年からFCアベンジャーズとW-財団が主催する慈善パーティに参加した。イム・ジヨンとは昨年にドラマ『モヒート』にて共演した。
  • スタートゥデイ ペク・ミンギョン インターン記者
  • 入力 2018-01-26 10:31:50