トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > キム・ナムジュxチ・ジニ主演「ミスティ」4つの観戦ポイント

キム・ナムジュxチ・ジニ主演「ミスティ」4つの観戦ポイント


  • キム・ナムジュxチ・ジニ主演「ミスティ」4つの観戦ポイント
JTBC『ミスティ』が2日初回放送される。

『ミスティ』は殺人事件の容疑者とされた韓国最高のアンカー、コ・ヘラン(キム・ナムジュ扮)と、彼女の弁護人となった夫カン・テウク(チ・ジニ扮)、彼らが信じていた愛の素顔を見せる激情ロマンスドラマだ。

名前だけを聞いても期待を高める俳優たちと、彼らが口をそろえて賞賛する台本、密度の高い演出で初放送を控え、視聴者の関心が高まっている中、本放送をより楽しむことができる観戦ポイントを挙げた。

#1. 没頭度高める俳優たちの幻想的なシナジー

視聴率の女王キム・ナムジュとロマンスの達人チ・ジニが出会った。「作家とはじめて会った席からキム・ナムジュ、チ・ジニを思い浮かべた。二人を除いては考えることが難しい要素が多い」というモ・ワンイル監督の言葉のように、完璧なキャラクターシンクロ率を見せているキム・ナムジュとチ・ジニ、演出する作品ごとに独歩的な存在感を見せるチョン・ヘジン、初のドラマから作品に自然に溶け込んだイム・テギョン、ロマンス演技で新たな変身を見せるコ・ジュン、欲望を追いかけこれまでと違う魅力を加えるチン・ギジュは幻想的なシナジーで没頭度を高める予定だ。

#2. 偽物で包み込まれない大人たちの真のロマンス

「こんなにリアルなキスシーンははじめて」というキム・ナムジュ。『ミスティ』は韓国最高のアンカーであるコ・ヘランが殺人事件の容疑者とされ、完璧に見えた彼女の日常を覗き見る中で大人たちの激情ロマンスを披露する予定だ。ここに「夫婦間の愛であろうと、恋人たちの愛であろうと偽物で包み込まれていない大人たちの真のロマンスを見せたい」というモ・ワンイル監督の言葉は、単純な激情ロマンスではない、繊細な物語を期待させる。

#3. 躍動感のあるキャラクター

先月行われた制作発表会にて「自分のキャラクターはもちろん、それぞれの人物すべてに魅力があり、どんな役割でも良いと思うほどだった」と伝えたチ・ジニ。その言葉通りに手にしたく、奪いたく、守りたいものに対する成功、逸脱、真実などの境界に立った人物たちと、その欲望の裏に隠された真実を解き明かす物語は誰一人のエピソードも逃すことができない興味深さを披露するものと思われる。

#4. 一週間を待ちわびるミステリー

大人たちの激情ロマンスだけでなく、韓国最高のアンカーであるヘランを一日にして殺人事件の容疑者にした謎の事件、その裏に隠された真実を明かそうという緊張感溢れるミステリーまで披露する。俳優たちでさえも現場で「次の台本がいつ出来るのか」と気にするほどだという細かなミステリーは一週間を待ちわびさせる面白さを加える展望だ。
  • MBNスター キム・ソルジ記者 / 写真=JTBC | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-02-02 12:57:30