トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「ミスティ」2話で浮かんだ3つの疑問点…キム・ナムジュが嘘をついている?

「ミスティ」2話で浮かんだ3つの疑問点…キム・ナムジュが嘘をついている?

「ミスティ」2話 

▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

  • 「ミスティ」2話で浮かんだ3つの疑問点…キム・ナムジュが嘘をついている?
『ミスティ』のキム・ナムジュは嘘をついているのだろうか。彼女を取り巻く疑問点が視聴者たちの好奇心を刺激している。

去る3日に放送されたJTBCの金土ドラマ『ミスティ』(脚本ジェイン、演出モ・ワンイル、制作クルエングリム)2話で決定的な証拠の前に「ノーコメントします」と陳述を拒否したとコ・ヘラン(キム・ナムジュ扮)。事故車の中から発見された自分のブローチについて口を閉ざして何かを隠していることを示唆した。彼女が隠したい真実とは何なのか、コ・ヘランの3つの疑問点を探ってみた。

イ・ジェヨン「出演者と司会者の仲?」

イ・ジェヨン(コ・ジュン扮)の写真を見せて誰か分かるかと質問する刑事カン・ギジュン(アン・ネサン扮)の問いには動揺もなく「プロゴルファーのケビン・リーじゃないですか」と答えたコ・ヘラン。インタビュー前まで知らない仲であり「単純な出演者と司会者、そして友人の夫」がすべてだと答えたが、イ・ジェヨンは過去に熱愛をしていた元恋人であったことが明らかになった。最高のアンカーとして過去の恋人とのことに巻き込まれたくなかったのだろうか。

チョン・ヘジン「ただ名前だけ知っている仲?」

空港でコ・ヘランを見て挨拶をしてきたソ・ウンジュ(チョン・ヘジン扮)。夫イ・ジェヨンにコ・ヘランを「私たち親友だった。一年中くっついているような完全な親友」と紹介したがコ・ヘランはカン・ギジュンに「同じクラスだったけれど、それだけで、名前だけ知っている程度」と説明した。「私たちがただの友達なの?あなたがどのように生きてきたのか私がすべて知っているのに」というソ・ウンジュとは異なり、彼女に優しくしないコ・ヘラン。2人の過去にはどんな事情があったのだろうか。

決定的な証拠、ブローチには「ノーコメント」

ニュースの時間が近づいてきたからと席を立とうとしたコ・ヘランを「5分」だけと引き留めたコ・キジュン。コ・ヘランのブローチの写真を差し出して事故車の中で発見されたと明らかにした彼は「事故当日のニュースでつけてきたものと同じもののように見える。合っていますか?」とそれとなく尋ねた。しかし事故車とブローチの関係を説明してほしいという言葉にヘランは過去イ・ジェヨンと会った日にブローチが落ちたことを直感したようで、「答えを控えます」と口をつぐんだ。ブローチに秘められた真実は何だろう。

放送から2話にして前話より1.6%ポイントと大幅に上昇した5.1%(ニールセンコリア、全国有料世帯基準)の視聴率を記録して5%を突破、恐ろしい上昇の勢いを見せている『ミスティ』。韓国で9日夜に3話を放送。
  • スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者 / 写真=JTBC
  • 入力 2018-02-04 10:28:09