[全文訳] KASPER「ユク・ジダムとカン・ダニエル互いに感情整理…推測はもうやめて」


  • < KASPER >



ラッパーのKASPERがユク・ジダムとWanna Oneカン・ダニエルが交流があったが、整理された仲であると伝えた。

KASPERは14日自身のインスタグラムに長文を掲載した。この中でKASPERはユク・ジダムとカン・ダニエルに交流があったことを認めながらも「互いに良い感情として整理したものと聞いている」とすでに二人が整理された仲であると明かした。

先立ってユク・ジダムは自身のSNSに「カン・ダニエル憑依文(芸能人を主人公に書いた一種のファンフィクション)」のキャプチャを掲載し「私より○○になったらどうしよう。ストーキングは不法ではないのか」とこの文が自身とカン・ダニエルの間に起きたことだと主張して論難を起こした。

一方ユク・ジダムは論難が起きるやこの文を削除し、インスタグラムには「もうやめましょう、正気です」というメッセージを記している状態だ。

以下、KASPER掲載文全文

暫く悩み、事実ではない言葉がとても多く行き交っているようなのでWanna Oneファンの皆さんとダニエルファンの皆さん、そして最近ジダムのインスタグラムを見て心配また批判されている方々に少しでも理解に役立とうと慎重にいくつか記そうと思います。

2年ほど前、私は当時練習生だったダニエルを私の知人たちがいるパーティに招待しました(若いときから釜山で一緒に学院に通っていました)。その場にジダムもおり、そうしてジダムとダニエルは知り合いました。二人が似ていたりもし、より親しくなる雰囲気だったので二人ともその日以降に何度かさらに友人たちと一緒に会い、その後二人とも良い感情を持って連絡しているという話を伝え聞きました。

そして暫くしてMMO所属事務所練習生たちがプロデュース(番組『プロデュース101シーズン2』)を準備することとなり、撮影スケジュールと練習の日程により忙しくなり、ダニエルもまた最後のチャンスと考えて練習に集中するためにジダムとはすでに会うことが難しく連絡しづらい状況である仲を、互いに良い感情で整理したものと聞いています。デビュー後にショップで出会ったりしたときにも、形式的な挨拶をやりとりし、それ以上の連絡または関係はなく、可能ではなかったと思います。

どんな理由からジダムがブログ掲載物をキャプチャし掲載したのか、そしてどんな理由から理解しづらいほどにジダムの文に打ち間違いが乱舞しているのかは対話しようとしても理解ができません。しかし確実なことはブログの文が二人の関係を反映して書かれたような雰囲気はまったく受け取られませんでした。当事者ではないため、これ以上の言葉と状況を説明することは難しいですが、二人を知っている立場からこれ以上推測で生じる被害が少しでも減ればと思います。
  • スタートゥデイ キム・ソヨン インターン記者 / 写真=MBNスターDB
  • 入力 2018-02-14 11:24:12