トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「リターン」17・18話 パク・ジニがシン・ソンロクを罠にはめる

「リターン」17・18話 パク・ジニがシン・ソンロクを罠にはめる

「リターン」17・18話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「リターン」17・18話 パク・ジニがシン・ソンロクを罠にはめる
『リターン』パク・ジニが黒幕であることが明らかになった。

22日放送されたSBS水木ドラマ『リターン』では、チェ・ジャヘ(パク・ジニ扮)の怪しい行動が描かれた。

この日チェ・ジャヘ(パク・ジニ扮)がヨム・ミジョン(ハン・ウンジョン扮)の死体を発掘させた状況が現れた。チェ・ジャヘはヨム・ミジョンを死に追いやった薬を保管していただけでなく、キム・ビョンギ(キム・ヒョンムク扮)の代理人の身分でオ・テソク(シン・ソンロク扮)のもとを訪れるまでした。

これにオ・テソクは驚愕した。オ・テソクはチェ・ジャヘから20億ウォンを支払えという内容の証明を受けた後に死んだキム・ビョンギのメッセージまで受け取った。メッセージの内容は「仁皮のヘマランドに20億ウォンを持って来い。前回のように銃は持って来ずに一人で来い」というものだった。

結局、オ・テソクは金の入ったキャリアを持って一人でヘマランドに向かった。彼はキム・ビョンギの携帯電話の音を追いかけてヘマランドのあちこちを探し回り、こうして刺身屋に向かうことになった。そして刺身屋の冷凍庫でアン・ハクス(ソン・ジョンハク扮)の死体と出会った。冷凍されたアン・ハクスの死体はオ・テソクの胸に落ちてきてオ・テソクを恐怖に陥れた。

このときトッコ・ヨン(イ・ジヌク扮)が現れた。トッコ・ヨンはキム・ジョンス(オ・デファン扮)を捕まえる証拠を探すために「99」と「1、1、4」という数字を追跡している最中だった。彼は99-114という固有番号を持つヘマランドの停留所とキム・ジョンスが廃業したにもよらず定期的に家賃を払っていた刺身屋という店を探し出して仁川に向かい、アン・ハクスの死体と共にいたオ・テソクを発見した。

これにトッコ・ヨンはオ・テソクをアン・ハクス殺害容疑で緊急逮捕した。さらにトッコ・ヨンはオ・テソク、アン・ハクスとともに仁川を離れようとした瞬間にチェ・ジャヘが現れた。これらすべての罠をかけていたのはチェ・ジャヘだった。

続いてチェ・ジャヘの過去が一部明らかになった。チェ・ジャヘは墓地で「チョン・ソミ」という名前の子供を称え、娯楽室とブランコなどあちこちで子供の痕跡を振り返った。また入浴していたチェ・ジャヘの背中には酷い傷があることが描かれた。それだけでなくチェ・ジャヘは過去にキム・スヒョン(ハン・ウンソ扮)裁判の担当判事の一人であり、キム・ジョンスとも出会っていた。

そんな中でカン・インホ(パク・ギウン扮)はオ・テソクとキム・ハクボム(ポン・テギュ扮)、ソ・ジュンフェ(ユン・ジョンフン扮)にまつわる真実を知り混乱に陥った。彼はソ・ジュンフェのもとに行きもどかしい気持ちを吐露したが、どんな行動も起こすことができなかった。そしてカン・インホが隠していたUSBをカン・ダルレ(シン・リナ扮)が発見、ついにクム・ナラ(チョン・ウンチェ扮)までヨム・ミジョン事件にまつわる真相を知ることになった。
  • スタートゥデイ チョン・ハンスル記者 / 写真=SBS放送画面キャプチャ
  • 入力 2018-02-22 23:11:28