トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「花遊記<ファユギ>」17話 チャ・スンウォン、ソン・ジルに「ようやく正直になった」

「花遊記<ファユギ>」17話 チャ・スンウォン、ソン・ジルに「ようやく正直になった」

「花遊記<ファユギ>」17話 

▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

  • 「花遊記<ファユギ>」17話 チャ・スンウォン、ソン・ジルに「ようやく正直になった」
24日に放送された『花遊記<ファユギ>』17話ではこれまで孫悟空(イ・スンギ紛)、三蔵(オ・ヨンソ紛)、牛魔王(チャ・スンウォン紛)を騙してきた須菩提祖師(ソン・ジル紛)の嘘がばれる様子が描かれた。

牛魔王は天界が自分を利用したと考え、三蔵を食べて再び力を取り戻そうとした。三蔵は一人で牛魔王のもとを訪れた。三蔵は自分が世界が再び滅びるのを見たと彼に相談しにきた。

人間に関心を持たない牛魔王に三蔵は「今になって抜けるなんて」と話した。力がないという彼に三蔵はどうすれば力を取り戻すことができるのかと尋ねた。

三蔵は牛魔王の未来を見たと話した。三蔵は「すべてのことは牛魔王のせいで始まったのだから責任を負うべきだ」と問い詰めた。牛魔王は自分の体の状態が良くなくて助けてたくても助けることができないと言い訳をした。彼はナチャルニョの例を挙げて「妖怪はだね。人間の気を食べれば強くなる。実際に私が拾って食べる人気より生気を食べるほうがはるかに良い」とし、「その気が特別な人間のものであれば申し分ないだろう」と話した。三蔵は自分自身を捕まえて食べようとする牛魔王に「牛魔王、泣くことになる。とても悲しんで泣くのを見た。誰か死ぬみたいだ」と予測した。

牛魔王は助けを求めるチン・ソンミに「これ以上は力がなくて助けることができない」とチン・ソンミを無視しようとした。これにチン・ソンミは「力を取り戻す方法はないのか」と牛魔王を助けようとした。牛魔王は自分自身を助けようとするチン・ソンミに「方法があるにはある」とし「人間の生気を食べればいい」と言ってチン・ソンミに牙をむき出しにして近付いた。しかし「魔王がたくさん悲しむ。号泣している姿を予知した」と話すチン・ソンミによって牛魔王は捕まえて食べようとする行動を止め、ちょうど孫悟空(イ・スンギ紛)が現れて牛魔王の計画は水泡に帰した。

孫悟空は三蔵の犠牲を防ぐために小悪魔が憑依しそうな人間を直接探しだした。孫悟空は沙悟浄に「小悪魔を呼び出す者たちと人間を相手にしなければならない」とし「人間世界に少し出なければならない 」と話した。これに沙悟浄は準備すると話して経営者同士の会合で孫悟空を「実質的な所有者となる方がこの場に来た」と紹介した。続いて「ユン・デシクという名前で、私が所有しているすべてのものの実質的な所有者だ」と付け加えた。

牛魔王は須菩提祖師の嘘を暴くために、マ秘書と演技をした。牛魔王は須菩提祖師のもとを訪ね、「なぜ私の息子を殺したんだ。私をどこまで騙すつもりだ」と言って怒った。続いて「私の息子はどこだ。言わなければ神仙でも何でも殺す」と言って、須菩提祖師を脅迫した。武器で殺そうとしたときにマ秘書が割り込んだ。マ秘書は倒れて死んだように見えた。その後も牛魔王は「私ももう私を止めることができない」と怒った姿を見せた。須菩提祖師は「すべてを正直に話そう。お前の息子は生きている」と話した。

牛魔王は須菩提祖師の話を聞いて表情を変えた。彼は「ようやく正直に言ったな」と言って毅然と立ち上がった。続いて彼は「マ秘書、起きろ」と話すと、マ秘書は何事もなかったかのように立ち上がった。当惑する須菩提祖師に牛魔王は「息子が生きていることが分かったから、息子がどこにいるか見つけにいかないと」と言ってその場を後にした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ウォン・テソン客員記者 / 写真=tvN放送画面キャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-02-24 22:23:24