トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「憎くても愛してる」74話 ソン・オクスクがイ・ビョンジュンを追い出す

「憎くても愛してる」74話 ソン・オクスクがイ・ビョンジュンを追い出す

「憎くても愛してる」74話 

▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

  • 「憎くても愛してる」74話 ソン・オクスクがイ・ビョンジュンを追い出す
26日に放送されたKBS1の連続ドラマ『憎くても愛してる』でキム・ヘンジャ(ソン・オクスク扮)がチョン・グンソプ(イ・ビョンジュン扮)を自宅から追い出す姿が描かれた。

この日、キム・ヘンジャはチョン・グンソプが淹れたコーヒーをわざとこぼした。続いて「木の葉をちょっと拾ってほしい。本の間に入れようと思って」と促した。これにチョン・グンソプは「記憶が近づいたようだ」と心の中でつぶやいた。

しかし、キム・ヘンジャは「時間がない。木の葉、赤と黄色を5枚」とチョン・グンソプを庭に追い出した。以後、チョン・グンソプは「わざとなのか、まだ正気ではないんだろうか」と困惑しつつも庭で寒さに震えた。

一方、ピョン・ブシク(イ・ドンハ扮)は、ホン・ソクピョ(イ・ソンヨル扮)が化粧品の在庫で新しいビジネスをしようとしていることに気づいて呼び出し「在庫関連の書類がない。ホンソクであれば詐欺、ホン・ソクピョ代表なら背任、窃盗で通報することができる」と難癖をつけた。これにホン・ソクピョが「ク室長(ソン・ユヒョン扮)に話をしたが、それが問題になるのか」と尋ねると、ピョン・ブシクは「本当にしたのかは根拠がない」とし「執行猶予期間だから法的な問題を起こすと実刑を受けるかもしれない」と脅迫した。

以後、ピョン・ブシクは「会社に関することは何もせずに静かにしていろ」と警告した。ホン・ソクピョが「会社の意見なのか個人的な見解なのか」と尋ねると、ピョン・ブシクは「私はジーニアス法務チームに所属しいる、会社の意見だ。会社の仕事に首を突っ込み続けるのなら、そのときは実質的に対応するしかない。しっかりしろ。ホン・ソクピョ大株主様」と皮肉った。

キル・ウンジョン(チョン・ミソン扮)はキム・ヘンジャの話し方が以前に戻ると、「記憶が戻ってきたのか」と尋ね、キム・ヘンジャは首を縦に振ったが、キム・ヘンジャはまだキル・ウンジョ(ピョ・イェジン扮)を拾って育てた事実だけを正確に思い出せず、緊張感を高めた。

その時刻、帰宅したチョン・イヌ(ハン・ヘリン扮)は庭に追い出されたチョン・グンソプの姿を見てキム・ヘンジャに「幼稚だ。こんな寒い日にお父さんを追い出したの」と怒って「お父さんが風邪を引いたらどうするつもり」と大げさに騒いだ。これにキム・ヘンジャはこれまでしていた演技をやめて真顔になった。彼女は「私は詐欺師に遭って死にそうになってから生き返ったのに、この程度の風邪が何だっていうの?私に内緒で坡州の建物を売ったでしょう?」とチョン・グンソプに直撃弾を与えた。

しかし、チョン・グンソプはそんなキム・ヘンジャに臆面もなく「ヘンジャさんが結婚式の贈り物だからとくれたではないか」と対抗しながら緊張感を高めた。チョン・グンソプはキル・ウンジョとキル・ミョンジョ(コ・ビョンワン扮)に「今になってでも記憶が戻って幸いだ」と最後まで厚顔無恥に振舞った。これにキム・ヘンジャはチョン・グンソプに「私の家から出て行って」と叫びながら追い出した。以後、チョン・グンソプは庭の一角に埋めておいたキム・ヘンジャの通帳とカード、家の書類などをすべて持って逃げてホテルに泊まろうとしたが、キム・ヘンジャが先にカードを停止して元妻のチャン・ジョンスク(パク・ミョンシン扮)のもとを訪ねたが再び追い出された。

一方、チョン・イヌはキム・ヘンジャの家から追い出されたピョン・ブシクにその事実を知らせ、「父さんを守ってほしい。今、持っているものを手放したくない」と話した。しかし、ピョン・ブシクの反応が冷たいとチョン・イヌは「状況が悪化したからと手を離そうとしているのか」と一喝した。これにピョン・ブシクは「明日の成年後見人の審判まで待ってから話そう」と留保した。

この日、キム・ヘンジャはキル・ウンジョと向かい合って「見直した。すべてを任せてもいいくらいだ」とキム・ヘンジャが倒れた時のことを賞賛した。これにキル・ウンジョは「一人でしたのではない」とし「好きな人がいる。その人が助けてくれて、その人のおかげで耐えることができた」と説明した。キル・ウンジョが「おばさんも知っている人」と言うとキム・ヘンジャは「センターの独身男、ホンソクではないか」と尋ねた。これにキル・ウンジョは「何も持っていない弱い人だと反対しないで」と話した。

また、キム・ヘンジャはホン・ソクピョに会って、「これまでウンジョを守ってくれてありがとう」と気持ちを伝えた。続いて「ウンジョがセンターの独身男を好きだと話しているくせに、名前も正しく知らずにいた」とホン・ソクピョがジーニアスの代表だと記憶していること明らかにした。しかし、ホン・ソクピョがシンネ洞の化粧品売り場について尋ねるとキム・ヘンジャは「それは分からない」と答えて記憶が完全に戻っていないことを示した。

放送末尾、キム・ヘンジャとチョン・グンソプは成年後見人指定の問題で裁判所で対面した。チョン・グンソプはキム・ヘンジャを憤怒調節障害者だとして成年後見人になるつもりで会心の笑みを見せて葛藤を予告した。
  • スタートゥデイ ホ・ウンギョン客員記者 / 写真=KBS1放送画面キャプチャ
  • 入力 2018-02-26 21:23:51