トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「リターン」19・20話 パク・ギウンとイ・ジヌクそれぞれ真実探すため疾走

「リターン」19・20話 パク・ギウンとイ・ジヌクそれぞれ真実探すため疾走

「リターン」19・20話 

▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

  • 「リターン」19・20話 パク・ギウンとイ・ジヌクそれぞれ真実探すため疾走
『リターン』事件が新たな局面を迎えた。

28日放送された『リターン』ではカン・インホ(パク・ギウン扮)とトッコ・ヨン(イ・ジヌク扮)が真実を暴く姿が描かれた。

この日キム・ハクボム(ポン・テギュ扮)は学校で講義している最中に窮地に瀕した。授業資料としていた映像がキム・ビョンギ(キム・ヒョンムク扮)の殺害当時の録音と変えられていた。キム・ハクボムの学生たちは「銃声ではないか」とざわつき、キム・ハクボムは「すぐに消せ」と当惑した。

さらにキム・ビョンギのメッセージまで到着し困惑を極めた。

このときチェ・ジャヘ(パク・ジニ扮)がキム・ハクボムの講義室に姿を見せた。キム・ハクボムはすぐにチェ・ジャヘの後を追い「何なんだ」と彼女を責め立てた。これにチェ・ジャヘは「特別講義の依頼をうけて来たついでに見ただけ」だと淡々と答えた。さらに「キム・ビョンギさんと連絡できたのか。互いにとても探し回っているようだが」と話してキム・ハクボムを恐怖に陥れた。

その後キム・ハクボムはキム・ビョンギの死体を掘り起こしに向かった。しかしそこにカン・インホが現れた。カン・インホはキム・ハクボムとオ・テソク(シン・ソンロク扮)がソ・ジュンヒ(ユン・ジョンフン扮)を絶壁から落とした証拠写真をキム・ハクボムに見せ「お前たちはジュンヒを殺そうとした。あの時のように俺も殺してみろ」と脅した。さらに「絶対にお前たちを許さない。お前たちを握りつぶしてやる」と話して緊張感を高めた。

カン・インホは家にオ・テソク夫妻とキム・ハクボム、チェ・ジャヘを招待した。彼は状況を確認するキム・ハクボムに「俺はお前たちに対する疑いを消すことはできない。だからこれからは誰が嘘を付いているのか確認しよう」と話した。しかし真実を確認できる会話は続かなかった。チェ・ジャヘが「触法少年」をテーマに会話を手動して集まりの雰囲気を殺伐とさせたためだった。

それだけでなく、チェ・ジャヘが去った場所にソ・ジュンヒが現れオ・テソクとキム・ハクボムを困惑させた。ソ・ジュンヒは「6カ月ほどの記憶がない」と一時的な記憶喪失を主張した。これにオ・テソクが「どうしてこんな困惑するような再会をさせるんだ」と話すと、カン・インホは「ソ院長が望んだこと」だと平然と答えた。

そんな中、司法解剖医のコ・ソクスン(ソ・ヘリン扮)は衝撃的な事実を得た。一連の事件がキム・スヒョン(ハン・ウンソ扮)事件ではないかもしれない状況に気づいた。これにコ・ソクスンは地方に向かいトッコ・ヨンに連絡した。彼女は「今起きている連続殺人が19年前の事件と関連があるかもしれない」と話そうとしたが、その瞬間にチェ・ジャヘが登場し驚愕とともに電話を切った。

これにトッコ・ヨンはコ・ソクスンの家に向かい、ポストから19年前テイン半島事件の新聞記事を発見した。彼は当時記事を書いた記者を探し出しテイン半島事件について確認した。記者は「半島で子供の死体が発見された。死亡原因は溺死だったが公式死亡原因が轢き逃げと発表された」と疑わしい状況を伝えて視聴者の好奇心を引き上げた。

一方、放送末尾にはチェ・ジャヘとキム・ジョンス(オ・デファン扮)がメッセンジャーで連絡を取り合う姿が描かれ今後の展開を期待させた。
  • スタートゥデイ チョン・ハンスル客員記者 / 写真=SBS放送画面キャプチャ
  • 入力 2018-02-28 23:12:36