トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「リターン」23・24話 パク・ジニの正体が明らかに、イ・ジヌク真実見抜くか

「リターン」23・24話 パク・ジニの正体が明らかに、イ・ジヌク真実見抜くか

「リターン」23・24話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「リターン」23・24話 パク・ジニの正体が明らかに、イ・ジヌク真実見抜くか
『リターン』パク・ジニの正体が明らかになった。

7日放送されたSBS水木ドラマ『リターン』では、チェ・ジャヘ(パク・ジニ扮)が19年前の交通事故被害者の母親だという事実が明らかになった。

この日トッコ・ヨン(イ・ジヌク扮)は、テ・ミニョン(チョ・ダルファン扮)のもとを訪れ「キム・ハクボム、ソ・ジュンヒ、カン・インホ、オ・テソクと中学時代の友人だったのか」と尋ねた。そして交通事故当日の写真を差し出し「これはテ・ミニョンさんが撮影したのか」と尋ねた。

しかしテ・ミニョンは「友人ではない。私は刑事を信じない」と逃げ出して疑問を呼び起こした。

その後トッコ・ヨンは19年前の交通事故被害者の家を調査した。そして「子どもがひき逃げ事故で死に、その家も焼けた。その後に母親が家と周辺の土地をすべて買ったというおかしな噂がめぐった」という話を聞いた。

一方キム・ドンベ(キム・ドンヨン扮)はキム・ジョンス(オ・デファン扮)が閉じ込められている留置所に向かった。彼は「すまない、兄さん」とキム・ジョンスに申し訳ない視線を送り、キム・ジョンスは「ロクロニウムの最後の瓶について調べて見ろ。チェ・ジャヘの計画が何か調べろ」と話して注目を集めた。

キム・ドンベはコ・ソナの面倒を見るために家に向かった。その姿をトッコ・ヨンが目撃し、キム・ドンベへの疑いを大きくした。トッコ・ヨンはキム・ドンベが仕事を辞め、コ・ソクスン(ソ・ヘリン扮)事件当時の車両手配を保留したという事実まで知り混乱した。

そんな中でオ・テソク(シン・ソンロク扮)はチェ・ジャヘを捕まえるために罠を仕掛けた。盗聴装置を逆利用してチェ・ジャヘをおびき寄せた。しかしチェ・ジャヘはオ・テソクの問いに素直に応じはしなかった。彼女は自分たちになぜこんなことをするのかという質問に「あなたが直接調べなさい。キム・ビョンギの死体は探したの」と聞き返してオ・テソクを憤怒させた。

その後オ・テソクはキム・ハクボム(ポン・テギュ扮)にUSBを探せと指示した。キム・ハクボムはカン・インホ(パク・ギウン扮)の家に入り込み家を荒らし、これに怒ったクム・ナラ(チョン・ウンチェ扮)に「インホは過去に人を殺している」と暴露した。驚いたクム・ナラは痛みを訴え倒れたが、幸いにもお腹の子どもは無事だった。

これにカン・インホは憤怒した。カン・インホはキム・ハクボムに暴力まで振るい、オ・テソクが二人を引き離した。オ・テソクはカン・インホに「チェ・ジャヘが19年前に交通事故に遭った子どもの母親だ」と話し、「お前が怒るべき相手は俺たちではなくチェ・ジャヘだ」と話した。

放送末尾ではチェ・ジャヘが死んだ娘の夢を見て嗚咽する姿が描かれて視聴者の胸を締め付けた。
  • スタートゥデイ チョン・ハンスル客員記者 / 写真=SBS放送画面キャプチャ
  • 入力 2018-03-07 23:05:10