トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「憎くても愛してる」81話 ソン・オクスク、イ・ビョンジュンの下心を見抜く

「憎くても愛してる」81話 ソン・オクスク、イ・ビョンジュンの下心を見抜く

「憎くても愛してる」81話 

▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

  • 「憎くても愛してる」81話 ソン・オクスク、イ・ビョンジュンの下心を見抜く
『憎くても愛してる』でソン・オクスクがチョン・グンソプとハン・ヘリンの小細工に気付いた。

7日に放送されたKBS1の連続ドラマ『憎くても愛してる』でキム・ヘンジャ(ソン・オクスク扮)がチョン・イヌ(ハン・ヘリン扮)をキル・ウンジョ(ピョ・イェジン扮)のパートナーにした理由を明らかにした姿が描かれた。

この日、パク・ボグム(ユン・サボン扮)がキム・ヘンジャの家を訪ねて額縁をかける作業を手伝った。そこでパク・ボグムがチョン・イヌを再びセンターで働かせることにした理由を尋ねた。

これにキム・ヘンジャは「チョン・イヌがやってきて生活できるようにしてほしいと懇願してきた」と答え、ユン・サボンが「心が広い」と話した。

キム・ヘンジャは「そんなことはない。チョン・グンソプが坡州の建物を15億ウォンで売却していた。8億ウォンの詐欺にあって一銭もないと言っているが、私はお金の匂いだけには敏感だ」としながら美容院のどこかにお金があるだろうし、これをチョン・イヌが知っているようだと付け加えた。これにユン・サボンが「8億ウォンというお金をどこに隠したのかしら」と尋ねると、キム・ヘンジャは「無記名の債券8枚でいい」と答えた。

キム・ヘンジャは「逃げたら追跡されるでしょう。父親の刑が終わって出て来るまで待とうとしているのだ」と判断した。これにユン・サボンが「どうしてセンターなのかしら。働きたいところも多いだろうに」と困惑すると、キム・ヘンジャは「だからウンジョを付けておいた」と話した。彼女は続いて「私はクムドン市場のキム・ヘンジャだ。晩年に外道したが腐っても鯛だ。しっかりと仕返しする。これまで私のお金に触った人は誰もいない」と自信満々にした。
  • スタートゥデイ ホ・ウンギョン客員記者 / 写真=KBS1放送画面キャプチャ
  • 入力 2018-03-07 20:43:36