トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「ミスティ」キム・ナムジュ-チ・ジニ、すれ違い重ねた二人が幸福掴むか

「ミスティ」キム・ナムジュ-チ・ジニ、すれ違い重ねた二人が幸福掴むか


  • 「ミスティ」キム・ナムジュ-チ・ジニ、すれ違い重ねた二人が幸福掴むか
『ミスティ』キム・ナムジュ、チ・ジニの物語はどのように幕を閉じるか。

JTBC金土ドラマ『ミスティ』にて、常にすれ違い哀切さと悲しさを抱かせてきたコ・ヘラン(キム・ナムジュ扮)とカン・テウク(チ・ジニ扮)夫婦。ケビン・リー(コ・ジュン扮)殺人事件の1審公判結果、ヘランが無罪を勝ち取った後にテウクは「今日ですべてのことを忘れよう」と新たな始まりを決意したが、彼を巡る意味深な状況がひとつずつ明らかと成り夫婦の今後に予測できない展開が予告された。


ヘランをはじめて見た瞬間から今まで。自分の気持ちを否定するときもあったが、変わらずヘランを愛してきたテウク。今とは違い情熱と覇気だけに満ちていたヘランの新人記者時代から彼女の存在そのものを愛してきた。結婚後にも自分に目を向けず、成功だけに向かい駆け抜けるヘランが薄情にも思えたが、名刺になってやるという約束を守ろうとタイまで飛んでいき彼女の政治的な野望の力となってやったりもした。

自分がどんな姿でも常にそばで無限の愛を見せてくれるテウクの本心に「この結婚に自信があった。あなたを愛さないから」と話していたヘランの気持ちもまた変化した。

テウクの本心を受け入れ「ありがとう」という気持ちを表現した。愛に騙され泣いていた母親のようには生きないというヘランの固い決意をテウクの愛が揺さぶったのだった。7年間何度もすれ違い、ようやく互いをしっかり見つめ始めた二人の愛に多くの視聴者が愛情と応援を送る理由だ。

しかし13話から二人の未来に暗雲がたちこめはじめた。テウクがケビン・リーの事故当日、道路の上で不法ユーターンをして彼の車を恐ろしいほどに追いかけたという事実が明らかになったためだ。さらに23日放送を控えて公開された映像にて、気が抜けたようにリビングに座るテウクと「カン・テウク、私に何をしたの」と涙を流すヘランは二人に何が起きたのか関心を高めさせる。

関係者は「これまで毎回すれ違ってきたヘランとテウクは、13話にてすべて忘れて新たに始めようとした。しかし今日(23日)放送される15話にて、ヘランとテウクにまた再びの危機が訪れる」と予告し「果たしてヘランとテウクに何がおきたのか。彼らが危機を克服して幸福なエンディングを迎えることができるのか最後まで見守って欲しい」と伝えた。
  • スタートゥデイ ソン・ジョンウン記者 / 写真=JTBC
  • 入力 2018-03-23 13:34:19