トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「憎くても愛してる」98話 ハン・ヘリン、復讐心から大きくなる悪行

「憎くても愛してる」98話 ハン・ヘリン、復讐心から大きくなる悪行

「憎くても愛してる」98話 

▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

  • 「憎くても愛してる」98話 ハン・ヘリン、復讐心から大きくなる悪行
『憎くても愛してる』の悪行がますます強度を増した。

2日に放送されたKBS1連続ドラマ『憎くても愛してる』98話ではホン・ソクピョ(ソンヨル扮)が拉致される様子が描かれた。

この日の放送でチョン・イヌ(ハン・ヘリン扮)はキム代表にホン・ソクピョのパニック障害の再発を知らせた。チョン・グンソプ(イ・ビョンジュン扮)はチョン・イヌの動きが不安になり、復讐心で暴走する娘の姿を心配した。

結局、チョン・グンソプは事がより大きくなる前に防ぐべきだと判断し、直接キム・ヘンジャ(ソン・オクスク扮)にチョン・イヌの動きを知らせて「私にできることがなにか教えてください」とお願いまでした。これにキム・ヘンジャはチョン・グンソプの本心を感じてチョン・イヌを救うことに力を添えることを予告した。

一方、チョン・イヌはホン・ソクピョを訪ねて「すべて終わったと考えないで。一時期、ホン・ソクピョさんに好きになってもらおうと調査をたくさんした」としながら「走る人を倒すのは簡単だ。誰の手を掴むのかにより変わる」」と脅迫した。放送末尾、ホン・ソクピョが聖水洞の工場を訪れたところ、誰かに口を塞がれて拉致される姿が描かれた。
  • MBNスターオンラインイシューチーム / 写真=KBS1放送画面キャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-04-02 22:36:53