チン・セヨン主演「オクニョ 運命の女」日本NHKで放送


女優チン・セヨンが主演した時代劇『オクニョ 運命の女(ひと)』(原題:獄中花)が日本で放送を開始した。

今月8日よる11時から日本のNHKではMBCドラマ『オクニョ 運命の女(ひと)』が初放送された。

2016年4月からMBCを通じて放送された時代劇『オクニョ 運命の女(ひと)』はチン・セヨンを含む出演俳優たちの完璧な演技と力強いストーリーで最高視聴率22.6%(ニールセンコリア、全国基準)を記録した。その後海外でも熱い関心が注がれ、日本では同年9月に衛星劇場、昨年4月にNHK BSプレミアムにて正式放送され当時放送中だった韓国ドラマの中で最高視聴率を記録した。

こうした人気に背を押され『オクニョ 運命の女(ひと)』は2014年MBCドラマ『太陽を抱く月』以来韓国ドラマとしては4年ぶりに日本NHKを通じて正式放送を開始。日本内の熱い関心を受けて期待を鯛噛めている。

今回NHK地上波放送に先立ち、チン・セヨンは昨年5月日本の東京を訪問して記者会見はもちろん、現地放送に出演するなど積極的にドラマ広報活動を行い作品に対する愛情を示していた。中でも彼女らしい明るい姿と姿勢は日本現地の関係者とファンの関心と愛を一身に受け、新たな韓流スター誕生を予告した。
  • スタートゥデイ ペク・ミンギョン インターン記者 / 写真=アーリーバードエンターテイメント
  • 入力 2018-04-11 16:56:19