ユンホからクォン・ヒョンビン、チョン・ヘソンまで新バラエティ出演を確定


『ドゥニア- 初めて出会った世界』がユンホ、チョン・ヘソン、クォン・ヒョンビン、ルダ、サム・オチュリなど新世界を開く10人の正体をゲームイラストとして公開した。

『ドゥニア- 初めて出会った世界』が18日0時にホームページ正式オープンとともにゲームスタイルの破格的な10人のキャラクターイラストを公開し、ゲーム原作バラエティらしい姿を見せてネットユーザーたちの関心と興味を誘発している。今回ビジュアルからキャラクターまで完璧なシンクロ率を誇る最終ラインナップまで公開し、果たして彼らが『ドゥニア』でどんな活躍を繰り広げるのか期待を集める。

MBCリアルバラエティ『ドゥニア- 初めて出会った世界』(以下、『ドゥニア』)側は18日、『ドゥニア』のホームページを通じて10人のキャラクターとイラストイメージを公開し、実際の出演者たちが誰であるのかネットユーザーの関心を爆発させた。そんな中でついに『ドゥニア』の新世界を開く最終ラインナップ10人の正体が公開された。

『ドゥニア』は仮想の世界ドゥニアに落ちた10人の出演者たちが作り出すドラマティックな物語を描く。既存の観察、リアルバラエティの流れを逆にした「アンリアルバラエティ(Unreal variety)」として出演者が持つ現実キャラクターと、「ドゥニア」という仮想世界の境界が新しい面白さを作り出す予定。制作陣は多様な劇的装置とこれまで見ることができなかったバラエティ作法でこれを極大化させる予定だ。

仮想の世界「ドゥニア」を共にする10人はユンホ(東方神起)、チョン・ヘソンをはじめとしてクォン・ヒョンビン、ルダ(宇宙少女)、サム・オチュリ、Don Spike、ク・ジャソン、ハンスル、オースティン・カン、DinDinだ。90年代生まれが中心となった彼らの組み合わせは真のバラエティ世代交代の始まりを知らせ、次元の違うセンセーションを巻き起こすものと期待を集める。番組を主導するMCがおらず、10人の話が興味深く繰り広げられ多様な面白さを与えるものと見られる。

中でも彼らの姿は既存バラエティでは見ることができなかったイラストで公式ホームページを通じて事前に公開された。これはゲーム原作バラエティである『ドゥニア』だけが可能な破格的なイベントで、ネットユーザーたちの熱い反応を引き出した。またイラストの中のキャラクターと紹介内容は実際に主人公と幻想のシンクロ率を見せて見る人々を驚かせた。

東方神起のリーダーであり「情熱マンスール」として通じるユンホは、イラストの中の中央に位置して地図を持っている姿で強い男性美を見せる。その横のチョン・ヘソン、ク・ジャソンはそれぞれ力強く繊細な反転の雰囲気を醸し出し、クォン・ヒョンビンとルダは可愛く溌剌としたエネルギーを発散する。

無線機を持って笑顔を浮かべるサム・オチュリと片手で原作ゲーム「野生の地:デュランゴ」の恐竜キャラクターを持ったDon Spikeと彼に肩車されたDinDinの茶目っ気のある姿は笑い溢れる彼らのケミを予感させる。またフライパンを持っているシェフ兼モデルのオースティン・カンとセクシーな眼差しのモデルのハンスルが両脇で最強ビジュアルを誇っており視線を話せなくしている。
  • MBNスター シン・ミレ記者 / 写真=MBC | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-04-18 14:24:47