トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「憎くても愛してる」109話 ハン・ヘリン、イ・ビョンジュンの父性愛に嗚咽

「憎くても愛してる」109話 ハン・ヘリン、イ・ビョンジュンの父性愛に嗚咽

「憎くても愛してる」109話 

▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

  • 「憎くても愛してる」109話 ハン・ヘリン、イ・ビョンジュンの父性愛に嗚咽
『憎くても愛してる』のハン・ヘリンがイ・ビョンジュンの父性愛に嗚咽した。

18日に放送されたKBS1の連続ドラマ『憎くても愛してる』でチョン・イヌ(ハン・ヘリン扮)が父性愛に涙を流す姿が描かれた。

この日、チャン・ジョンスク(パク・ビョンシン扮)は夜遅くにテールスープを煮ながら、チョン・グンソプ(イ・ビョンジュン扮)のいるカフェを訪れた。この姿を見たチョン・イヌはこっそりと後を追った。チャン・ジョンスクは先にキム代表(パク・ジョンウ扮)から情報を入手しようとして気づかれて暴行されていた。チョン・グンソプは「キム社長に申し訳なくて」と言い逃れをした。

これにチャン・ジョンスクが「百回死んでも他人のためにこんなことをする人ではないでしょう。イヌのためだと知っている」と話した。続いて彼は「あなたの姿を見てイヌが心を痛めるから来たの。あなたを心配しているのではない」とし、「やったことに比べればとてもよく生きている」と話した。

これにチョン・グンソプが「一晩中、涙を流している」とし「言葉にしなければ親の心情は分からない」と話した。彼は「子どものことは言葉にせずに胸に埋めるもの」という言葉も付け加えた。この言葉を聞いたチャン・ジョンスクは「天地がひっくり返った。また始まったのか。口だけ安っぽくて」と皮肉を言った。これにチョン・グンソプは「他のことは分からないが子どもたちへの気持ちは本物だ」と語った。

一方、チャン・ジョンスクの後についてきたチョン・イヌは両親の会話をドアの外で聞いて涙を流した。
  • スタートゥデイ ホ・ウンギョン客員記者 / 写真=KBS1放送画面キャプチャ
  • 入力 2018-04-18 20:49:48