トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「憎くても愛してる」112話 ソン・オクスクがソンヨルに腎臓提供した事実を知られる

「憎くても愛してる」112話 ソン・オクスクがソンヨルに腎臓提供した事実を知られる

「憎くても愛してる」112話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「憎くても愛してる」112話 ソン・オクスクがソンヨルに腎臓提供した事実を知られる
『憎くても愛してる』でソン・オクスクがソンヨルに腎臓の提供をした事実が明らかになった。

23日に放送されたKBS1連続ドラマ『憎くても愛してる』では、キム・ヘンジャ(ソン・オクスク扮)がホン・ソクピョ(ソンヨル扮)に腎臓を提供した事実を公開され、驚く様子が描かれた。

この日、ク・ジョンヒ(ソン・ユヒョン扮)がキム・ヘンジャの家族を家に招待した。ク・チュンソ(キム・ボンレ扮)が「ジーニアスもソクピョもキム社長が助けた」と言うと、キル・ウンジョンが喜んだ。

続いてキム・ヘンジャが「せっかく大人たちだげで集まったんだから、子供たちの話をしよう」とホン・ソクピョとキル・ウンジョ(ピョ・イェジン扮)の結婚問題について話した。

キル・ウンジョンは、二人が「よく似合う」と言うと、ク・ジョンヒが「結婚問題は慎重になるべきだ」と線を引いた。続いて彼女は「そういえば、キル・ウンジョさんも腎臓の移植手術をしたと聞いた」と健康面の話を聞き、結婚に反対した。子供の問題について、生涯ずっと免疫抑制剤を飲まなければならないという事実を指摘した。しかし、キル・ウンジョンが「ミョンジョが言うには、管理さえすれば健康な子供を産むことができる」と反論した。

結局、キル・ウンジョンとク・ジョンヒはご飯を食べずに神経戦を繰り広げた。キル・ウンジョンが「遠い親戚らしいが、なぜそんなに干渉するの?」と問い詰めると、ク・ジョンヒが、自分がホン・ソクピョの親代わりだと答えた。続いてク・ジョンヒが 「ソクピョがあれだから嫁は健康じゃないといけない」と付け加えた。続いてキル・ウンジョンが「ソクピョを助けたのが誰だか知っている?何も知らないくせに」と言って、最終的にキム・ヘンジャが腎臓をホン・ソクピョに提供した事実を打ち明けた。
  • スタートゥディ ホ・ウンギョン客員記者 /写真=KBS1放送画面キャプチャ
  • 入力 2018-04-23 20:47:24