トップ > エンタメ > TV・映画 > スヨン&イ・ウォングン主演「知るかもしれない人」がヒューストン国際映画祭で金賞

スヨン&イ・ウォングン主演「知るかもしれない人」がヒューストン国際映画祭で金賞


  • スヨン&イ・ウォングン主演「知るかもしれない人」がヒューストン国際映画祭で金賞
ウェブドラマ『知るかもしれない人』がヒューストン国際映画祭で金賞を受賞した。

去る29日(現地時間)、米国ヒューストンで開催された第51回「ヒューストン国際映画祭(Houston Independent International Film Festival)」でJTBCウェブドラマ『知るかもしれない人』(演出イム・ヒョンウク)がテレビスペシャルドラマチック部門で金賞を受賞した。韓国で制作されたウェブドラマがヒューストン国際映画祭で受賞したのは今回が初めてだ。

ヒューストン国際映画祭は1961年に初めて制定され、サンフランシスコ、ニューヨーク映画祭に続き北米で3番目に古い国際インディーズ映画祭だ。ここで授賞する俗称「レミ賞(Remi Awards)」は、北米でエミー賞、トニー賞に加え、最も権威のある賞として知られている。JTBCでは『クライムシーン2』が2016年テレビエンターテイメント競争部門で金賞を受賞している。

『知るかもしれない人』は2017年7月31日から10部作で公開されたウェブドラマだ。昔の恋人が残したスマートフォンのパスワードを解いて、ロックされてしまった愛の記憶も一緒に解決していくミステリー三角ロマンスだ。少女時代のスヨンとイ・ウォングン、シム・ヒソプ主演で感覚的な演出と独特な素材で国内でも好評を博した。10月には秋夕(チュソク)特集2部作で放送されて注目を集めた。
  • シックニュース キム・ジヨン記者 / 写真=ドラマポスター | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-05-02 10:24:00