トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「油っこいロマンス」監督「2PMジュノ、出発点はアイドルでも俳優として安定的で感性豊か」

「油っこいロマンス」監督「2PMジュノ、出発点はアイドルでも俳優として安定的で感性豊か」


  • 「油っこいロマンス」監督「2PMジュノ、出発点はアイドルでも俳優として安定的で感性豊か」
『油っこいロマンス』のパク・ソンホ監督が俳優をキャスティングした理由を明らかにした。

4日午後3時20分、ソウル市陽川区木洞SBSホールでSBSの新しい月火ドラマ『油っこいロマンス』制作発表会が開かれた。この日の制作発表会には演出を引き受けたパク・ソンホ監督をはじめ、ジュノ、チャン・ヒョク、チョン・リョウォン、チョ・ジェユン、イム・ウォニ、キム・サグォンが参加した。

パク・ソンホ監督は俳優をキャスティングした理由を問う質問に「みんな良い俳優だ。演技が上手で、誠実で、現場の雰囲気を明るくしてくれる俳優だ」と話し始めた。

続いてパク監督は「イ・ジュノはアイドルが出発点ではあるが、俳優として安定的で感性が豊かだと感じた。またチャン・ヒョクは作品に対する情熱とエネルギーにあふれている。前に仕事で会ったことがあるが、密かに面白い方だ。今回の作品でギャップの魅力を見せてくれるのではとお願いした」と話した。

チョン・リョウォンについては「私とソ・スクヒャン作家の意見が一致した女優だった。現場でもラブリーで、雰囲気を明るくしてくれる。最近見たラブコメの中で最も可愛くて明るいキャラクターではないかと思う」と説明した。

一方、『油っこいロマンス』は熱した中華鍋の中の油よりも熱い3人の男女の濃い恋愛談で、唾液腺まで刺激するラブコメキッチンドラマだ。韓国で来る7日夜10時初放送予定。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-05-04 16:03:18