トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」12話 キム・チャンワンの登場…誤解と涙が積み重なる

「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」12話 キム・チャンワンの登場…誤解と涙が積み重なる

「よくおごってくれる素敵なお姉さん」12話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています

  • 「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」12話 キム・チャンワンの登場…誤解と涙が積み重なる
ソン・イェジンとチョン・ヘインの甘さと悲しみが共存するロマンスにときめきと切なさが交差した。

5日に放送されたJTBC金土ドラマ『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』(脚本キム・ウン、演出アン・パンソク、制作ドラマハウス、コンテンツK)12話でユン・ジナ(ソン・イェジン紛)とソ・ジュンヒ(チョン・ヘイン紛)の間に誤解が続いた。ソ・ギョンソン(チャン・ソヨン紛)がお見合いをしにきたユン・ジナと遭遇して気まずい状況が繰り広げられた。父親(キム・チャンワン紛)の初登場でユン・ジナとソ・ジュンヒの間の誤解がまた深まった。ユン・ジナは良かれと思ってソ・ジュンヒの父親に会ったが、ソ・ジュンヒは無関心な父親の存在を忘れようと努力してきたのだった。

母親のために仕方がなくお見合いに出てソ・ギョンソンと遭遇したユン・ジナ。「ジュンヒが無視されるのをこれ以上は見ていられない」と怒るソ・ギョンソンの言葉を聞いて心が崩れてしまう。仕方なくお見合いに来たユン・ジナの目にはソ・ギョンソンと彼女の父親ばかりが見えた。父親に久しぶりに会ったソ・ギョンソンは「この世界にジュンヒと私、2人だけじゃないことを確認したかった。それがすべてです」と話した。

しかし、父親はソ・ギョンソンの話を他人のことのように聞いて、「やめよう」という言葉だけを続けた。結局、怒りが爆発したソ・ギョンソンは「結婚?父さんという人がいる限り、私たちにはそれも贅沢なの。分かる?」と声を荒げ、痛ましいソ・ギョンソンの姿にユン・ジナは一緒に涙を流した。

すぐにソ・ジュンヒに会ったソ・ギョンソンは、自分が経験したすべてのことを話した。それでもユン・ジナに会おうとするソ・ジュンヒを見て「お見合いをするということは、あの家があなたを無視しているということ。あなたの存在自体を認めていないのよ」と声を高めた。ソ・ギョンソンに申し訳なかったソ・ジュンヒは「僕とユン・ジナが解決する問題だった。姉さんに知られるのは嫌だった。僕に関して何であろうと姉さんまで知ることになった。それ、それのせいで狂いそうだ」と「僕が姉さんのために何ができるのか」というソ・ジュンヒの言葉にソ・ギョンソンは悩み苦しんで涙を見せた。

ユン・ジナとソ・ジュンヒは互いに連絡できずにいたが、ソ・ジュンヒはユン・スンホ(ウィ・ハジュン紛)の連絡を受けて家の外に出た。ところが、玄関の前にはユン・ジナが傘をさしてしゃがんでいた。

ユン・ジナは「ごめん。私の考えが浅かった。絶対にするべきじゃなかったこと、ギョンソンの顔を見た瞬間にわかった」と謝罪した。ソ・ジュンヒの気持ちが雪が解けるようにほぐれた。外に出た2人は一つの傘をさしていたずらをして、キスをして幸せな時間を満喫した。「愛してる」という切ない告白も伝え合った。

一方、ソ・ギョンソンに「ジュンヒに会いたい」という父親からの連絡がきたが、ソ・ジュンヒは父親にまったく関心を示さなかった。

ソ・ジュンヒの父親は代わりにユン・ジナと会い、ソ・ジュンヒは会社の前で2人が一緒にいるのを見ることになった。ユン・ジナに電話をかけ「来て。何も言わずに来いってば」と話したソ・ジュンヒは最終的に「来いって言ったのに聞こえないの」と叫んだ。いつもと違うソ・ジュンヒの冷たい表情と声に緊張感が漂った。

この日の『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』の視聴率は全国5.5%、首都圏6.3%を記録した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンンヒ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-05-06 08:12:34




      • facebook icon
      • twetter icon
      • RSSFeed icon
      • もっと! コリア