トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「手をつないで」29・30話 ハン・ヘジン、ユン・サンヒョンが去ると涙

「手をつないで」29・30話 ハン・ヘジン、ユン・サンヒョンが去ると涙

「手をつないで - 沈む夕日を眺めよう」29・30話 

▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

  • 「手をつないで」29・30話 ハン・ヘジン、ユン・サンヒョンが去ると涙
『手をつないで - 沈む夕日を眺めよう』でハン・ヘジンがユン・サンヒョンとの会話にこらえていた涙を見せた。

9日午後に放送されたMBC水木ドラマ『手をつないで - 沈む夕日を眺めよう』ではキム・ドヨン(ユン・サンヒョン扮)が家に来てナム・ヒョンジュ(ハン・ヘジン扮)と話を交わす姿が描かれた。

ナム・ヒョンジュは家に来たユン・サンヒョンに会っても平気なふりをして普通の会話を交わした。しかし、自分のためにコーヒーを淹れるナム・ヒョンジュの姿を見てキム・ドヨンは溢れる涙に堪える姿を見せた。

キム・ドヨンとコーヒーを飲んでいたナム・ヒョンジュは「米国企業との契約は上手くいった?」と尋ね、キム・ドヨンは「いくつか手を入れているが、今週で終わる。お金は入ってこない。 JQからお金を受け取ったらダヘに渡すことにした。話せば複雑だ。でもお金が問題じゃない。仕事が次々と飛び込んでくるから」と笑った。

話が終わってしばらく沈黙が流れるとナム・ヒョンジュは「行って、セッピョルが来る前に」と話した。これにキム・ドヨンは「ヒョンジュ」と何かを言おうとしたが、最終的にはあきらめて「今度また来たら話すよ」と言った。

これにナム・ヒョンジュは「話して。言いたいことあれば今、言って」と言ったがキム・ドヨンは「後で」と言った後、家を出た。

キム・ドヨンが立ち上がってからもずっと座っていたナム・ヒョンジュは「その一言がそんなに難しいの? 私を愛していると一言だけ言ってくれたらいいじゃない」と涙を流した。
  • シックニュース キム・ダウン記者 / 写真=MBC画面キャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-05-09 23:04:00