トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「油っこいロマンス」ジュノが中華料理屋を本格スタート…厨房スタッフとの掛け合いに期待

「油っこいロマンス」ジュノが中華料理屋を本格スタート…厨房スタッフとの掛け合いに期待

「油っこいロマンス」5・6話 

▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

  • 「油っこいロマンス」ジュノが中華料理屋を本格スタート…厨房スタッフとの掛け合いに期待
『油っこいロマンス』でジュノの厨房が熱を帯びた。新しい厨房の仲間の登場ですでに楽しみを予告している。

去る14日に放送されたSBSの新しい月火ドラマ『油っこいロマンス』(脚本ソ・スクヒャン、演出パク・ソンホ、制作SM C&C)では、近所の中華料理屋「空腹なフライパン」で新しい料理生活を開始するソ・プン(ジュノ扮)の姿が描かれた。

この日、ソ・プンは最初の客としてタン・セウ(チョン・リョウォン扮)を連れて来た。

2人は漢江の橋の上で会った。死にたいほど大変なことがあった共通点を持っていた。一緒にフォーチュンクッキーを食べて本音を打ち明けた2人はフォーチュンクッキーの中のメッセージを見て再び希望を持った。そしてソ・プンはお腹を空かせたタン・セウにチャジャンミョン(韓国式ジャージャー麺)を作ってあげると中華料理屋に連れてきた。しかし、タン・セウは刑務所にいる父親のことを想ってチャジャンミョンを食べずに店を出た。そうして最初の客を取り逃がしたソ・プン。翌日、本格的な中華料理屋の運営が始まった。社長トゥ・チルソン(チャン・ヒョク扮)に悪口を言ってガムを売っていた謎の女性(イ・ミスク扮)が客として訪ねてきてタンスユク(韓国式酢豚)を注文した。その間、ソ・プンの復讐のターゲットであるヨン・スンリョン(キム・サグォン扮)とソ・プンを裏切ったソク・ダルヒ(チャ・ジュヨン扮)も客として訪れチャジャンミョンを注文した。この事実を知らないソ・プンは​​厨房で格闘していた。

「空腹なフライパン」の暴力団シェフであるオ・メンダル(チョ・ジェユン扮)たちは突然、自分たちのシェフとして来たソ・プンを牽制した。ソ・プンはトゥ・チルソンの契約に基づいてオ・メンダルたちを導いて料理を作った。しかし、寄せ集めのオ・メンダルたちの実力はお世辞にも良いとは言えず、美味しくない料理がテーブルに並ぶ状況に至った。ソ・プンは料理を食べたヨン・スンリョンとソク・ダルヒの前で恥をかかされたが怒りを我慢した。

プライドが傷ついたソ・プンは再び厨房に入った。そしてオ・メンダルたちに「厨房では私は王だ」と宣戦布告した。カルパン、ミョンパンなどオ・メンダルの仲間を解雇し、厨房スタッフを求める張り紙をした。そしてこれを見たタン・セウが「ここで従業員を募集しているの?」と関心を示す姿がエンディングを飾り、今後の展開への好奇心を刺激した。

続いてエピローグではソ・プンの新しい厨房スタッフになる人物が登場して期待を高めた。

財閥の奥様チン・ジョンヒェ(イ・ミスク扮)、チャイナドレスを着て現れたチェ・ソルジャ(パク・ジヨン扮)、片方の脚が不自由なイム・ゴクジョン(テ・ファンホ扮)がソ・プンが張り出した「厨房スタッフ募集」に関心を示し、登場だけでも尋常ではないオーラを醸しだした。

この日、本格的に始まったソ・プンの中華料理屋。ソ・プンとトゥ・チルソン、寄せ集めの暴力団シェフとの炎の相乗効果が楽しみを倍加させた。また、ソ・プンの厨房スタッフになりたがったタン・セウ、チン・ジョンへ、チェ・ソルジャ、イム・ゴクジョンなどの姿は次の話への期待を高めた。近所の中華料理店に集まった彼らの話がこれからどのように繰り広げられるのか。『油っこいロマンス』7・8回は韓国で今日(15日)午後10時に放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-05-15 09:15:42