トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「油っこいロマンス」13・14話 ツンデレのジュノと突進するチャン・ヒョク…恋する2人

「油っこいロマンス」13・14話 ツンデレのジュノと突進するチャン・ヒョク…恋する2人

「油っこいロマンス」13・14話 

▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

  • 「油っこいロマンス」13・14話 ツンデレのジュノと突進するチャン・ヒョク…恋する2人
『油っこいロマンス』でジュノとチャン・ヒョクは誰が見てもじれったい。

SBS月火ドラマ『油っこいロマンス』(脚本ソ・スクヒャン、演出パク・ソンホ、制作SM C&C)にはそれぞれ片思いで苦労する2人の男がいる。タン・セウ(チョン・リョウォン扮)への感情を押し殺すためツンデレのように行動するソ・プン(ジュノ扮)とタン・セウに向かう愛を止めようとしてもうまくいかない男トゥ・チルソン(チャン・ヒョク扮)がその主人公だ。2人の男のドキドキの片思いがお茶の間をときめかせている。

去る28日に放送された『油っこいロマンス』13・14話ではソ・プンとトゥ・チルソンの異なる片思いが視聴者たちをときめかせた。

この日、ソ・プンはタン・セウへの恋心に火がついた自分の気持ちに気づいた。彼は突然やってきたときめきに「あり得ない」と言って信じようとしない姿を見せた。また「好きになってはいけない女性だ。新郎をまだ愛してると言っていたではないか」と気持ちを押し殺すために苦労した。そんなソ・プンの決意は容易ではなかった。厨房ではタン・セウと過ごすことが多いからだ。タン・セウと一緒に料理をしていたソ・プンはタン・セウが近づくたびに暑いから離れろと声を荒げた。しかし、表面上冷たく接するだけで、陰ではこっそりタン・セウを気遣うソ・プンの姿は切なさを感じさせた。

トゥ・チルソンもタン・セウへ向かう心をコントロールしようとしていた。タン・セウが自分の片思いを負担に思ったからだ。こうした中、トゥ・チルソンと過去に悪縁があったピッタギ(リュ・スンス扮)の登場はタン・セウとの関係をより遠ざけた。トゥ・チルソンはタン・セウが自分の過去を聞いて怖がったと思い、「私のような奴を好きになてはいけない」と苦々しく言った。

その日の夕方、トゥ・チルソンはピッタギの奇襲攻撃を受けて大けがをした。ピッタギを避けて逃げていったトゥ・チルソンは厨房で料理の練習をしていたタン・セウと遭遇した。一緒に冷凍庫に身を隠すことになった2人。トゥ・チルソンは外へ出ようとしたが、タン・セウはそんなトゥ・チルソンを後ろから抱きしめて引き留めた。ぎこちなさの中で2人の目が合い、トゥ・チルソンはいきなりタン・セウにキスをした。

ソ・プンとトゥ・チルソン、2人の男の異なる片思いがドラマをいっぱいに埋めた。表面上はタン・セウに無心で冷たくしても、タン・セウにどんどん惹かれるソ・プンの姿は楽しさと一緒にときめきまで高めた。

タン・セウへの片想いを止められないトゥ・チルソンの様子、そして過酷な人生とは異なり限りなく純粋なトゥ・チルソンの愛が視聴者たちを焦らしている。

ソ・プンとトゥ・チルソンをひきつけたタン・セウの愛らしさ。格好良かったり、かわいかったり、ときめいたり、切なかったりを繰り返す2人の男の無限の魅力がドラマを見るの楽しみを一層アップグレードさせている。このような中、ソ・プンとトゥ・チルソンのブロマンスも濃くなてとり、タン・セウをめぐる2人の男のロマンスがどのように展開されるのか、注目が集まる。

ジュノ、チャン・ヒョク、チョン・リョウォンの本格ロマンスで熱く燃えているSBS月火ドラマ『油っこいロマンス』15・16話は韓国で今日(29日)午後10時に放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-05-29 08:58:55