ソ・ガンジュン、2年ぶりに「キミはロボット」でドラマ復帰…「早くお目にかかりたかった」


俳優ソ・ガンジュンが地上波ドラマで初主演を務めた所感とコン・スンヨンとの呼吸について明らかにした。

KBS2の新しい月火ドラマ『キミはロボット』(脚本著・ジョンジュ、演出チャ・ヨンフン、制作『キミはロボット』文化産業専門会社・モンスターユニオン)の制作報告会がチャ・ヨンフンPD、ソ・ガンジュン、コン・スンヨン、イ・ジュニョク、パク・ファニ、キム・ソンリョン、ユ・オソンなどが参加した中でソウル市永登浦区タイムズスクエアで31日午後2時に開かれた。

ソ・ガンジュンは財閥3世の人間ナムシンと人工知能ロボットナムシンⅢの1人2役を務め、地上波の初主演で復帰した。

地上波で初の主演を務めたソ・ガンジュンは「上手くできるかプレッシャーをたくさん感じた」とし「演技に誠実に臨み、1人2役を上手く消化して大衆に良い姿を見せようとした。単純に考えようとした」と話した。続いてコン・スンヨンとの呼吸については「現場でスンヨンが相手役として力になってくれた」と明らかにした。

ケーブルチャンネルtvN『アントラージュ-スターの華麗なる人生-』以来2年ぶりにテレビドラマに復帰した彼は「作品を慎重に選んだこともあり、昨年この作品を撮るために一年を過ごした」とし「早く皆さんにお目にかかりたかったが、ドラマが100%事前制作だったのでそうできずもどかしさがあった」と明らかにした。

続いて彼は「事前制作に長所と短所があるが、事前に準備して演技をする時間的な余裕があり良かった」と伝えた。

『キミはロボット』は欲望に満ちた人間世界に飛び込んだ人工知能(A.I.)ロボットのナムシンⅢが誰よりも人間味に満ちた女性のカン・ソボン(コン・スンヨン扮)に会って真の愛と人間らしさの答えを見つけるAIヒューマンロマンスだ。韓国で来る4日午後10時に初放送。
  • シックニュース チェ・ジョンウン記者 / 写真=クォン・グァンイル記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-05-31 15:03:00