トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「油っこいロマンス」一問一答 2PMジュノ「チョン・リョウォンの想像シーンはリアルにときめいた」

「油っこいロマンス」一問一答 2PMジュノ「チョン・リョウォンの想像シーンはリアルにときめいた」


  • 「油っこいロマンス」一問一答 2PMジュノ「チョン・リョウォンの想像シーンはリアルにときめいた」
『油っこいロマンス』でのジュノのロマンスは蜜の滴る甘い眼差しから始まる。

ジュノはSBS月火ドラマ『油っこいロマンス』(脚本ソ・スクヒャン、演出パク・ソンホ、制作SM C&C)でシェフのソ・プン役を引き受けて熱演中だ。

ジュノは努力と情熱でソ・プンというキャラクターを完成させている。撮影の数カ月前から実際の中華料理のシェフに料理を学んでシェフに変身し、初回からきらびやかな中華鍋の扱いで視聴者の視線を一気にひきつけた。

ここにタン・セウ(チョン・リョウォン扮)と見せる厨房でのロマンスは視聴者の胸をときめかせるポイントだ。

表立っては冷たいが裏ではタン・セウが好きで仕方のないソ・プンのギャップの魅力は見る人々をときめかせた。まだタン・セウを突き放しているが、いつ封印が解除されるかわからないソ・プンの恋は今後『油っこいロマンス』をより熱くすることが期待される。ここでソ・プンのロマンスとビハインドをジュノに直接聞いてみた。

「チョン・リョウォンとのロマンス演技、目を合わせるだけでも通じるように」

タン・セウに自分の気持ちを隠しているが自分も知らないうちに飛び出すソ・プンの甘い視線はテレビの前の視聴者をときめかせている。ジュノはチョン・リョウォンとのロマンス演技をどのように準備したのかという質問に「自然さとときめきが最も重要だと思います。飾らないときめきを見せるために努力しています。 (チョン・リョウォン先輩と)撮影をしながら、お互いに目で会話をするほどに集中しています。見つめるだけでも通じるようにです」と話した。ソ・プンとタン・セウの相性の理由を推測させる答えだった。

ジュノもときめいた「チョン・リョウォンの想像シーン」

ジュノは実際にときめいたシーンがあるのか​​という問いに、19話のタン・セウの想像シーンを挙げた。タン・セウが1人で公園を散策しながらソ・プンの告白を想像の中で繰り返す場面だ。「好き」と言うジュノの甘い声と目つきがチョン・リョウォンのかわいい想像と交わって、特別な楽しさとときめきを伝えた。ジュノは「想像の中のソ・プンがタン・セウに好きだと言い続けます。告白はソ・プンがしますが、それに対するタン・セウの反応を見るのがとても楽しかったです」と理由を明らかにした。

実際に素晴らしい兄のチャン・ヒョク、ラブリーなチョン・リョウォン

ジュノはチョン・リョウォンとのロマンスだけでなく、チャン・ヒョク(トゥ・チルソン役)との感動的なブロマンスを披露してドラマを豊かにしている。固い絆で結ばれた3人のユニークな三角関係は3人の俳優の相性で視聴者たちから人気を得ている。

ジュノはチャン・ヒョク、チョン・リョウォンとの呼吸について「チャン・ヒョク先輩は本当に唯一無二と表現したいです。学ぶことが多く、ユーモラスです。シリアスな中にユーモアのコードがたくさん隠れています。一言一言が重たのですが重くない。素敵な兄さんです」と言って、実際の現場でも心温まるブロマンスを推測させた。

続いて「チョン・リョウォン先輩は気をよく遣ってくださり、呼吸を合わせるあたって、お互いに話し合うことが好きです。そして、お互いの意見を積極的に受け入れています。とてもラブリーな人です。現場の雰囲気によく合わせることができて、相手俳優を立てて、自信を持たせたりします。とても感謝しています」と伝えた。

「油っぽい、メロが何なのかよくお見せしたい」

折り返し地点を回った『油っこいロマンス』はソ・プンの料理の復讐戦とロマンスを本格化させ、エキサイティングな展開を続けている状況。ジュノは、これから視聴ポイントについて「残りの話では『油っぽい』、『メロ』が何なのかよく見ていただけたらと思います。まず、ハングリーウォックと画竜点睛の積極的な対決構図が繰り広げられます。ソ・プンとトゥ・チルソン、タン・セウがどのように力を合わせて復讐するのか、そしてそれぞれの恋はどうなるのか、きちんと話が進みます」と期待を高めた。

一方、SBS月火ドラマ『油っこいロマンス』はサッカー・ワールドカップ・ロシア大会の中継の関係で今日(19日)放送が休止され、23・24話は来る25日午後10時に放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-06-19 10:21:58