坂口健太郎、韓国ファン待望の初の公式来韓が決定


『今夜、ロマンス劇場で』の坂口健太郎が最初の公式来韓を確定した。

映画『今夜、ロマンス劇場で』(監督 武内英樹)の主演俳優である坂口健太郎が正式に初来韓を確定して記者懇談会からショーケース、舞台挨拶など、様々なイベントを通じて、韓国のメディアやファンたちと疎通する予定だ。

『今夜、ロマンス劇場で』は古典映画上映館である「ロマンス劇場」で現実に飛び出して来た白黒映画の中のお姫様「美雪」と恋に落ちた映画監督志望「健司」の魔法のようなラブストーリーを描いたファンタジーロマンスだ。

韓国での公開を控えて坂口健太郎の来韓に対するファンたちの問い合わせが殺到し、14日に韓国訪問を肯定的に検討中というニュースが伝えられただけでも熱い関心が集中した。

坂口健太郎の今回の来韓は日本リメイク作『ごめん、愛してる』と『シグナル 長期未解決事件捜査班』に連続でキャスティングされ、昨年『君と100回の恋』への韓国のファンたちの熱い反応に加え、韓国訪問を望んでいるという坂口健太郎の願いにより韓国映画ファンとの出会いが実現することとなった。

映画『ヒロイン失格』『君と100回の恋』などの作品で韓国の観客たちから愛されている坂口健太郎の今回の来韓は多くのファンが待っていた初の来韓という点で注目を集める。坂口健太郎は7月3日に入国、記者懇談会、ショーケース、舞台挨拶など、様々なイベントに参加する予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-06-20 17:17:19