「キミはロボット」25・26話 ソ・ガンジュンがコン・スンヨンに「きれいだ」…視聴者もときめく

「キミはロボット」25・26話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

『キミはロボット』でソ・ガンジュンがコン・スンヨンの外見を賞賛した。

23日午後に放送されたKBS2月火ドラマ『キミはロボット』はナムシンⅢ(ソ・ガンジュン)のことで怒るカン・ソボン(コン・スンヨン)の姿が描かれた。

ナムシンⅢは人間のナムシン(ソ・ガンジュン)が現れるまでチーム長の車に閉じ込められていた。これにカン・ソボンが怒りを抑えて我慢しているとナムシンⅢは「怒ってもいい。充分にそういう状況だった」とカン・ソボンの感情を理解しようとした。

するとカン・ソボンは「感情を感じないあなたに感情を露わにすることは正しいことではない」とし「あなたのように合理的に判断する」と言ったが、怒りを抑えきれずに怒りを露わにした。

これにナムシンⅢが笑うと、カン・ソボンは「笑わないで」とし「私は、あの人間があなたに対してむやみに接するのがいや。そんな風に扱われるのがいや。チーム長の車でどれだけ不便だったか」とナムシンⅢを心配した。

これを聞いたナムシンⅢはただちにカン・ソボンを見つめて「きれいだ」と言い、うろたえたカン・ソボンは「何?」と尋ねた。すると再びナムシンⅢは「私が人間だったらそうやって言ったと思う」と胸の内を告白した。

カン・ソボンは照れて「あなたが人間だったら、私のどこが可愛いと思ったの?」と質問するとナムシンⅢは答えず、しばらく笑顔を浮かべた。続いて答えようとした瞬間、カン・ソボンの電話が鳴りナムシンⅢは答えるタイミングを逃した。

かかってきた電話を切ったカン・ソボンはナムシンⅢに「祖父から電話が来た」と言い繕った後、「明日は私のどこがきれいか絶対教えて」とした後、ナムシンⅢと腕を組んで歩いた。

『キミはロボット』は毎週月曜日と火曜日、韓国時間の午後10時に放送される。
  • シックニュース キム・ジヨン記者 /写真=KBS2画面キャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-07-23 22:51:00