トップ > エンタメ > TV・映画 > 憂愁漂う眼差しのEXO セフン、「トッコリワインド」の主人公を演じる

憂愁漂う眼差しのEXO セフン、「トッコリワインド」の主人公を演じる


  • 憂愁漂う眼差しのEXO セフン、「トッコリワインド」の主人公を演じる
『トッコリワインド』でのEXOセフンの強烈な眼差しが話題だ。

22日、『トッコリワインド』の制作陣がセフンの初のスチールカットを公開し話題を集めている。強いカリスマから憂愁に満ちた感性まで。多くの話を含んでいるセフンの眼差しが視線を奪う。

公開された写真の中のセフンは埃をいっぱいかぶったような装いで1人で立っている。彼の顔にはあざや傷がいっぱいあり、彼の目は悲しみと秘密を抱いているように深い。今までのセフンからは見ることができなかった荒々しく男らしいカリスマが溢れ出している。別の写真では、あえて多くの話をしなくても、無表情の中に重さを秘めていてさらに強烈な印象だ。

一瞬を捉えたスチールカットだけでも変身を刻印させたセフンだ。スタイリッシュアクションモバイルムービーで期待を集めている『トッコリワインド』でセフンがどのような姿を見せるのか、彼の熱いアクションと特別な魅力がとても気になる。そのため、9月7日の『トッコリワインド』のオープンが待ち遠しい。

スタイリッシュアクションモバイルムービーの『トッコリワインド』(脚本オ・ヨンソク、イ・セウン/演出チェ・ウンジョン/制作SAMHWA NETWORKS、TO YOU DREAM)が9月7日にオープンする。『トッコリワインド』はシリーズで週間照会数500万回を突破した伝説のウェプトゥーン『トッコ』の前編に当たる部分を扱った続編で、異なる生活をしてきた3人の男が学校暴力に対抗するために一致団結する話を描く。スタイリッシュなアクションと引き込まれるストーリー展開、若手スターたちのエネルギーが調和し、強烈な問題作の誕生を予告した。

セフンが『トッコリワインド』で引き受けた役は主人公「カン・ヒョク」だ。カン・ヒョクは、巷で有名なケンカ屋で、誰かがいじめられていれば、それを放っておけない性格の持ち主だ。あふれる義理と正義感いっぱいの魅力的なキャラクターだと言える。舞台の上で強烈なカリスマで世界中を熱狂させたセフンが男らしい魅力いっぱいの「カン・ヒョク」のキャラクターを通してどのような姿を見せるのか関心が集まっている。

一方、『トッコリワインド』は9月7日、カカオページとoksusuで見ることができる。
  • MBNオンラインニュースチーム /写真=SAMHWA NETWORKS、TO YOU DREAM | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-08-22 14:39:11