トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > ヨ・ジングとイ・セヨンがドラマ「王になった男」主演確定

ヨ・ジングとイ・セヨンがドラマ「王になった男」主演確定


  • ヨ・ジングとイ・セヨンがドラマ「王になった男」主演確定
『ミスター・サンシャイン』、『知ってるワイフ』などでtvNドラマが躍進している中で、来年初めのラインナップも公開されて期待を高めている。特に今年の下半期の『ナインルーム』、『100日の郎君様』、『アルハンブラ宮殿の思い出』など期待作が放送を控えているが、2019年の新作に『王になった男』が放送を確定しながらtvNの勢いが続くと予想される。

『王になった男』(脚本キム・ソンドク、演出キム・ヒウォン、制作スタジオドラゴン)は、1000万人の観客を集めた映画『王になった男』のリメイク作品だ。変乱と王位をめぐる権力争いにより混乱が極に達した朝鮮中期、王のイ・ホンが自分の命を狙う者たちから逃れるために双子よりも似ている道化のハソンを宮に招き入れる話だ。

道化のハソンであり王イ・ホンの1人2役を消化する『王になった男』の主人公は俳優ヨ・ジングが指名された。

重低音の魅力的なボイスで毎作品ごとに好評を得てきたヨ・ジングが激変の朝鮮を生きた狂気じみた人物たちの闘争を描き出す予定。

道化ハソンは幼いときに疫病により親を亡くして乳児だった妹とさまよい飢え死ぬ直前、道化のグループに助けられてそこから道化になった男だ。王のイ・ホンとそっくりな運命のせいで、偽の王になる。絶えず王の命を狙う宮殿でハソンは正体がばれないように一日一日緊張しながら生きていたが、王妃のソウンに心を奪われて偽の王として大きな危機を迎える。

ヨ・ジングが演じるもう1人の男イ・ホンはいつ宮から追い出されるかわからない恐怖を抱いて生きてきた世子だ。両親の愛情を一度も受けたことのないイ・ホンは世子嬪としてソウンを迎え、生涯初めての安らぎを感じる。玉座に上ると毒殺しようとする敵と、いつ王座から追い出されるかわからない不安の中でソウンとの関係さえ壊れたイ・ホン。そんなある日、自分と双子のように似ている道化のハソンに直面して、彼を王の座に据えたが、予想できなかった葛藤の中に陥ることになる。

ハソンとイ・ホンが愛した女性、ユ・ソウン役には人形のようなビジュアルに、子役出身の確かな演技力まで持つ女優として脚光を浴びている俳優イ・セヨンが指名された。ソウンは世子嬪に選ばれて宮に入り、イ・ホンと短いが穏やかな新婚生活を送るが、徐々に荒れるイ・ホンを見て苦しむ人物だ。ハソンがイ・ホンのふりをしていることを知らないまま、変化したイ・ホンに心が揺れて恋慕するようになる。

制作陣は「『王になった男』は道化のハソンが王の代わりとなり、王座が権力を振り回して財力を蓄える位置ではなく、民のために自分を犠牲にしなければならない位置だという犠牲の成功神話を描く。王イ・ホンと道化ハソン、王妃ソウンの三角関係を劇的に描く予定だ。たくさん期待してほしい」と伝えた。

一方、ヨ・ジング、イ・セヨンが出演するtvN『王になった男』は来年初めに韓国で放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-08-29 09:59:08




      • facebook icon
      • twetter icon
      • RSSFeed icon
      • もっと! コリア