トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 仁川空港が舞台のドラマ「輝く星のターミナル」…イ・ジェフン&チェ・スビン参加の台本読み合わせ公開

仁川空港が舞台のドラマ「輝く星のターミナル」…イ・ジェフン&チェ・スビン参加の台本読み合わせ公開


  • 仁川空港が舞台のドラマ「輝く星のターミナル」…イ・ジェフン&チェ・スビン参加の台本読み合わせ公開
俳優イ・ジェフン、チェ・スビン、イ・ドンゴン、キム・ジスなどSBSの新しい月火ドラマ『輝く星のターミナル』の主役たちの初めてのシナリオリーディング現場が公開された。

『三十ですが十七です』の後続として来る10月1日に韓国で初放送される『輝く星のターミナル』(脚本カン・ウンギョン、演出シン・ウチョル、制作サムファネットワークス&キム・ジョンハクプロダクション)は謎の新入イ・スヨンと切ない事情を持つ入社1年目のハン・ヨルムが仁川空港内の人と関わりながら、お互いの傷を癒すヒューマンドラマだ。

何よりも『輝く星のターミナル』は『製パン王キム・タック』『家族なのにどうして』『浪漫ドクターキム・サブ』などで筆力を誇ったカン・ウンギョン作家と『パリの恋人』『シークレットガーデン』『紳士の品格』など最高のヒット作メーカーであるシン・ウチョル監督が2013年の『九家の書』以来、5年ぶりに再会して関心を集める作品
だ。ここにイ・ジェフン、チェ・スビン、イ・ドンゴン、キム・ジスなどの新鮮な「若い血」と「演技のベテラン」が完全に調和した無欠点のキャスティングで期待感を引き上げている。

これと関連し、『輝く星のターミナル』台本リーディング現場が公開された。

去る7月28日、SBS一山制作センターで進行された台本リーディングでは、イ・ジェフン、チェ・スビン、イ・ドンゴン、キム・ジス、キム・ロウン、キム・ギョンナム、イ・スギョン、ホン・ジミン、チャン・ヒョンソン、イ・ソンウク、アン・サンウなど『輝く星のターミナル』の主役をはじめとしてシン・ウチョル監督、カン・ウンギョン作家が5時間近くにわたり呼吸を合わせて情熱的な時間を過ごした。

さらにこの日の台本リーディングに先立ち、シン・ウチョル監督と制作陣は俳優たちの自然な演技のために『輝く星のターミナル』の主な背景である仁川空港内の「専門用語」の学習時間を特別に設けた。俳優たちのキラキラと輝く瞳と一緒に空港の専門用語の講義が終わった後、SBSのキム・ヨンソプドラマ本部長は制作陣を励まし、「カン・ウンギョン作家とシン・ウチョル監督の作品であるだけに期待が大きい」としながら、チームの士気を一層引き上げた。

まず、イ・ジェフンは特別な秘密を隠して生きる仁川空港の新入社員イ・スヨン役を演じる。事故ばかり起こす仁川空港1年目の「情熱社員」ハン・ヨルム役を消化するチェ・スビンはイ・スヨンとは異なり、自分の感情を一つ一つ露出する演技を披露した。

イ・ドンゴンは処世術と臨機応変さの達人で、特有のゆったりとしたジェスチャーと表情で隠された「野望」が実感できるように表現した。

空港公式の「ワーカホリック」の運営企画チーム長ヤン・ソグン役のキム・ジスは冷静な口調に隠された暖かい人間味を表わし、キャラクターに対する期待を高めた。

これと共に係留場運営チームのコ・ウンソプ役のキム・ロウン、仁川空港保安チーム機動打撃隊オ・デギ役のキム・ギョンナム、保安チーム機動打撃隊ナ・ヨンジュ役のイ・スギョン、商業施設チーム長のホ・ヨンラン役のホン・ジミン、旅客サービス処部長クォン・ヒスン役のチャン・ヒョンスン、保安チーム長チェ・ムジャ役のイ・ソンウク、旅客サービスチーム課長コン・スンチョル役のアン・サンウなど、現場に参加したすべての俳優たちはそれぞれの配役に完全に没頭した。

制作陣側は「『輝く星のターミナル』はキツネの顔の形をした仁川空港第2ターミナルを背景に、童話作家であるハン・ヨルムの父親が書いた同名の仮想童話『輝く星のターミナル』と関連した話を描く」と「視聴者の目と耳をひきつけるカン・ウンギョン作家特有の台本とシン・ウチョル監督の洗練された演出、俳優たちの熱演まで三拍子が完全に調和をなした質の高い作品の誕生を期待してほしい」と伝えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-09-10 09:35:53