「2018アジアソングフェスティバル」にWanna One&SEVENTEENなどが参加


2018アジアソングフェスティバルのチケットがキャンセルチケットに限って再び販売される。

12日午後8時、オンライン前売りサイトのインターパークチケットを通して、2018アジアソングフェスティバルのキャンセルチケットの前売りが開始される。

去る4日と5日の両日に前売りされた今回のチケットは1日目の公演は2分、2日目の公演は30分で全席売り切れになり、2日連続でチケットを完売させた。

チケットの追加販売があるかまだ分からない中、今回のキャンセルチケットの前売りは2018アジアソングフェスティバルを実際に観覧することができる最後の機会になるものと予想される。全席がすぐに売り切れてしまってチケットを手に入れることができず悔しんだファンにも嬉しいニュースになる見込みだ。

2018アジアソングフェスティバルの華やかな砲門を開く10月2日の公演にはMXM、チョン・セウン、YDPP、THE BOYZ、NU’EST Wなどの大勢のK-POPアーティストがステージに上がって、海外アーティストとしては日本のガールズヒップホップユニットのスダンナユズユリー、中華圏が注目する6人組男性アイドル C.T.Oなどが出演する。

10月3日の公演には、Wanna OneをはじめRed Velvet、SEVENTEEN、fromis_9、BewhY、MOMOLANDなど国内人気アーティストが総出演し、日本の女性ダンス&ボーカルグループのE-girls、中華圏のポップアーティストの羅志祥、アジアが注目するフィリピンのモリセット・アモン、ベトナムの注目の実力派アーティストのブカットゥオンなど海外ミュージシャンが釜山の秋の夜を美しい音楽で彩る予定だ。

今年、15回目の開催を迎えるアジアソングフェスティバルはK-POPの代表歌手とアジア代表歌手が「Asia Is One」というテーマの舞台を飾り、社団法人アジアソングフェスティバル組織委員会(組織委員長 イ・ギイン)と釜山広域市が共同主催する。来る10月2日と3日の両日、釜山アシアード主競技場で開かれる。
  • MBNスター ソン・ジナ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-09-11 11:47:51