トップ > エンタメ > TV・映画 > CRAYON POP出身のエリン、ネットのライブ配信で収入2億ウォン

CRAYON POP出身のエリン、ネットのライブ配信で収入2億ウォン


  • CRAYON POP出身のエリン、ネットのライブ配信で収入2億ウォン
ガールズグループCRAYON POP出身のエリン(本名キム・ミニョン)が、アフリカTV(ライブ配信サービス)のBJ(インターネット放送を進行する人)に転向してから約5カ月にして億台の収入を達成し、熱い人気を立証した。

去る16日、オンラインコミュニティではアフリカTVで活動しているBJ別の星風船集計内訳が公開された。「星風船」はインターネット放送のプラットフォームであるアフリカTVで個人放送を進行するBJの収入源だ。星風船1つは110ウォンで、手数料を除いて現金化することができる。特にベストBJたちの場合は約70%程度の金額に換えることができる。

この記事によるとエリンは9月1日から16日まで、合計67万9000以上の星風船を受けとったことが分かった。エリンが受けとった星風船は約7470万ウォンで、現金に換えると約5200万ウォンの収入となる。

エリンは4月末にアフリカTVのBJに転向した後、急速に認知度を高めている。特に最初に放送を開始した後、一週間で約15万2330個の星風船を受けとり、913万ウォンほどの収入を得て、全体12位になったこともある。

そして放送から約5カ月間、手数料を除いて2億ウォンの収益を得て収入だけで全体の3位になった。エリンは個人放送を通じてCRAYON POPで活動していた時代の話を率直ながらも巧みに披露し、多くの話題を集めている。

去る6日、エリンは長文のコメントを介してアフリカTVを開始した理由を明らかにした。当時、エリンは現在CRAYON POPが再び活動しにくい状況であり、アフリカTVの活動がなければ主な収入源がないと打ち明けた。また個人放送でエリンはCRAYON POPで活動する当時、大きな人気を集めたにもかかわらず、ギャラをしっかりと受け取ることができず厳しい状況であったと告白して切なくさせた。

一方、エリンは2012年、CRAYON POPとしてデビューして多くの愛を受けた。しかし2016年9月に発売した1枚目のフルアルバム以降、歌謡界の活動を停止した状態だ。メンバーのソユルは2月、ムン・ヒジュンと結婚した後、同年5月に娘を出産した。他のメンバーは俳優に転向し、それぞれの活動を続けている。
  • 写真=スタートゥデイDB、アフリカTV放送画面キャプチャ
  • 入力 2018-09-18 09:30:27