トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「赤い月青い太陽」キム・ソナ、イ・イギョン、ナム・ギュリ出演確定

「赤い月青い太陽」キム・ソナ、イ・イギョン、ナム・ギュリ出演確定


  • 「赤い月青い太陽」キム・ソナ、イ・イギョン、ナム・ギュリ出演確定
『赤い月青い太陽』にキム・ソナ、イ・イギョン、ナム・ギュリが出演を確定した。

『私の恋したテリウス』の後に放送されるMBCの新しい水木ドラマ『赤い月青い太陽』(脚本ト・ヒョンジョン、演出チェ・ジョンギュ、制作メガモンスター)は謎の子供、謎の事件と向き合った女性が詩を手がかりに真実を追跡するミステリースリラーだ。これまでテレビドラマでは簡単に接することができなかった、五感を刺激する心理捜査ドラマを予告して予備視聴者の熱い好奇心と期待を集めている。

このような中、8日に『赤い月青い太陽』側がドラマを導いていく主人公を公開して注目を集めた。

これまでどこでも見たことのない組み合わせと、個性がはっきりとした俳優たちのラインナップが期待を高める。キム・ソナ、イ・イギョン、ナム・ギュリがその主人公だ。

まず、キム・ソナは児童カウンセラーのチャ・ウギョン役を引き受けた。劇中、チャ・ウギョンは優しい娘であり誠実な妻、良い母親であり、児童心理カウンセラーとして完璧な人生を生きていた理想的な人物だ。しかし、ある日、謎の事件に巻き込まれてから連続的に起こる謎の事件の真実を明らかにしていくことになる。

チャ・ウギョンは『赤い月青い太陽』に吹き荒れる事件の中心に立った人物で、それほど繊細で強烈な感情の変化を見せるキャラクターといえる。これまでの作品で「キム・ソナの選択は無条件に信じて見る」という絶賛を導き出すほど優れた表現力と演技力を見せてくれたキム・ソナが苦心の末に選択した『赤い月青い太陽』でどのような熱演と存在感を見せてくれるか期待させる。

イ・イギョンは強行犯捜査係の刑事カン・ジホン役を引き受けた。劇中、カン・ジホンは適当に仕事をしそうに見えても、罪は必ず法の枠の中で審判を受けなければならないという確固たる信念を持つ人物だ。まとめると、優れた感覚と鋭い勘、そこに執拗な使命感までを装着した刑事だといえる。

注目すべきはカン・ジホンが過去の傷が原因で感情表現が微妙なキャラクターという点だ。最近、多数の作品を通じて明確な存在感と演技力、画面掌握力と吸引力まで見せて、高速成長中の俳優イ・イギョンがこのような特別な魅力を持つキャラクターカン・ジホンと会って繰り広げる活躍に関心が傾く。

最後に、ナム・ギュリの合流ニュースが伝わった。ナム・ギュリは劇中、化粧気のない顔、無彩色の装いなどボーイッシュな感じが漂う謎の人物チョン・スヨン役を引き受けた。ベールに包まれたように意味深で、どこか好奇心を誘発するミステリアスなキャラクターというのが制作陣の説明だ。

自然とナム・ギュリの演技変身が期待される。大衆が覚えている女性らしくラブリーな姿ではなく、強烈で秘密に包まれた姿を予告したもの。外見はもちろん話し方、表情、演技に至るまで。謎が秘められたチョン・スヨンのキャラクターに完璧になりきって、変化したナム・ギュリの姿が今から好奇心を刺激する。

キム・ソナ、イ・イギョン、ナム・ギュリ。3人の俳優の出会いは誰も簡単に想像できなかった特別な組み合わせという反応だ。似合わないようで微妙に調和のとれた3人の俳優の出会いが、彼らが聞かせてくれる『赤い月青い太陽』の特別な物語が繰り広げる特別な熱演を期待させる。

『赤い月青い太陽』は11月末に韓国で放送予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-10-08 09:23:23