トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「輝く星のターミナル」7・8話 イ・ジェフン、チェ・スビンに突然の告白…童話のようなロマンスの開始

「輝く星のターミナル」7・8話 イ・ジェフン、チェ・スビンに突然の告白…童話のようなロマンスの開始

「輝く星のターミナル」7・8話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「輝く星のターミナル」7・8話 イ・ジェフン、チェ・スビンに突然の告白…童話のようなロマンスの開始
『輝く星のターミナル』でイ・ジェフンがチェ・スビンに奇襲「ストレート告白」を敢行し、「童話のようなロマンス」のスタートを知らせる歴代級のエンディングを見せた。

15日に放送されたSBS月火ドラマ『輝く星のターミナル』はニールセン・コリアによると、9話は首都圏視聴率7.7%、10話は首都圏視聴率8.7%を記録した。全国視聴率は9話は6.9%、10話は8.0%を示した。最高視聴率を記録したシーンは11時頃、「私のことが好きですか?」というハン・ヨルム(チェ・スビン)の突発質問に「はい」と答えたイ・スヨン(イ・ジェフン)。雨の中、傘の下で生まれた美しい愛の告白が10.3%を記録した。

地上波の月火ドラマ1位をしっかり固守した。『輝く星のターミナル』9、10話では、着陸しようとしていた飛行機のエンジンに火が付く「フルエマージェンシー事故」が巨大なスケールで描かれた中、仁川空港公社の各チームの緊張感あふれる内部状況が躍動感あふれるシーンで描かれて一瞬も目が離せない展開を繰り広げた。さらにイ・スヨンがハン・ヨルムに淡々と告白するシーンが電波に乗って本格的なロマンスのスタートを知らせてトキメキ指数を爆発させた。

この日の放送で、ハン・ヨルムは母ユン・ヘウォン(キム・ヨジン)が乗った飛行機で事故が起こったという知らせを聞いてパニック状態に陥った。幸いなことに、飛行機は緊急着陸に成功し、着陸直後の火災鎮圧作戦が迅速に行われ危機を免れた。空港公社の各チームが乗客数の把握と一緒に緊急食料の準備、乗客を案内する人材の強化など、迅速に対処に出た中で、ハン・ヨルムは母がいる現場に直接行きたいと懇願したが、チーム長ヤン・ソグン(キム・ジス)の客観的な判断の下、断られた。

うなだれたハン・ヨルムの姿にイ・スヨンは、誰にもばれないように緊急着陸現場に向かい、自分の「突発行動」に驚きながらもハン・ヨルムの母を積極的に探しに出た。結局、イ・スヨンは額を負傷して苦しむユン・ヘウォンを発見し応急処置に出た。イ・スヨンの処置を受けたユン・ヘウォンは飛行機から無事に降りた後、ハン・ヨルムを抱きしめて涙の再会をした。以後、ユン・ヘウォンはハン・ヨルムに自分を助けてくれた男性について言及し、ハン・ヨルムがイ・スヨンの「善行」の事実を知った。

結局、ハン・ヨルムはイ・スヨンに会い事故現場に行った理由と一緒に「もしかして、誰にもばれないように善い行いをすることが好きなんですか?ヒーローごっこのようなことが好きなんですか?」と立て続けに尋ね、「いいえ」と首を振るイ・スヨンに「もしかして、じゃぁ、私のことが好きですか?」と「ストレートな質問」を投げかけた。これにイ・スヨンは、自分をずっと見つめるハン・ヨルムに「はい」と即答で答え、予期せぬ驚きの告白で視聴者たちをびっくりさせた。やや赤くなった顔でハン・ヨルムの横を通り過ぎていくイ・スヨンとぼんやりして立っているハン・ヨルムの姿が「ときめきのエンディング」を飾り、次回への期待を最高潮に引き上げた。

このシーンは最高視聴率10.3%を記録した。

この日の放送ではイ・スヨンの「ウェアラブルの右腕」が自分の意のままに動かない「突発状況」が相次いで起こりながら、イ・スヨンがミスター・ジャン(パク・ヒョクグォン)に急いで会いに行く姿で緊張感をもたらした。さらにイ・スヨンの歩行補助物について知ったソ・イヌ(イ・ドンゴン)が保安チーム長チェ・ムジャ(イ・ソンウク)に申告物品があるかどうかを尋ねる場面が電波に乗って、これからの展開に注目を集めた。

『輝く星のターミナル』11、12話は16日(今日)、韓国時間の午後10時に放送される。
  • 毎日経済 スタートゥディ ヤン・ソヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-10-16 08:32:25