「時間が止まるその時」で復帰のキム・ヒョンジュン、「子供に会えない立場。言葉を慎みたい」


『時間が止まるその時』主演のキム・ヒョンジュンが子供について言及して慎重な姿を見せた。

23日午後、ソウル永登浦区タイムズスクエアでKBS W新しい水木ドラマ『時間が止まるその時』の制作発表会が開かれた。クァク・ボンチョルPDをはじめ、俳優キム・ヒョンジュン、アン・ジヒョン、イン・ギョジン、イム・ハリョン、チュ・ソクテが参加した。

未婚の父のキム・ヒョンジュンはどのような父親になりたいと思うかという質問に「どこまで話せばいいか分からない。先輩方と監督に申し訳ない」と話し始めた。

続いて、「まだ子供に会うことができない立場だ。会える機会がないわけでもない。まだ何ともいえない。とにかく私が今、いる場所で最善を尽くさなければならない。私が話せることはこれしかない。どんな言葉も子供を傷つけてしまうことになるので言葉を慎みたい」と説明した。

『時間が止まるその時』は時間を止める能力を持つムン・ジュンウ(キム・ヒョンジュン)が父の死により建物を相続した建物のオーナーキム・ソナ(アン・ジヒョン)に出会って人生の意味を探していくファンタジーロマンスドラマだ。 24日の午後11時に初放送される。
  • 毎日経済 スタートゥディ ヤン・ソヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-10-23 15:03:11