トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「輝く星のターミナル」17・18話 イ・ジェフン、怪力の右腕が誤作動を起こす…衝撃のエンディング

「輝く星のターミナル」17・18話 イ・ジェフン、怪力の右腕が誤作動を起こす…衝撃のエンディング

「輝く星のターミナル」17・18話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「輝く星のターミナル」17・18話 イ・ジェフン、怪力の右腕が誤作動を起こす…衝撃のエンディング
『輝く星のターミナル』でイ・ジェフンが車に腕がくっついて離れず、もがきながら絶望する姿で衝撃的なエンディングを届けた。

過去30日に放送された『輝く星のターミナル』はニールセン・コリアによると17話は全国視聴率6.7%、18話は全国視聴率8.6%を記録し、首都圏視聴率では17話は7.2%、18話は9.2%を記録した。

前日のエンディングで麻薬密輸犯の1人からスタンガンの攻撃を受けたイ・スヨンは気を失ったままミスター・ジャン(パク・ヒョクグォン)に引き渡され治療を受けた。目を覚ましたイ・スヨンは筋肉の壊死の危険性により当分の間、ウェアラブル歩行補助物の着用を禁止させられた。しかし、1人残されたままハン・ヨルムとの思い出を回想していたイ・スヨンは決心した表情でウェアラブル歩行補助物を再び着用した。

すぐに空港に向かったイ・スヨンは、まず最初にセキュリティチーム長チェ・ムジャ(イ・ソンウク)に会いに行きウェアラブル歩行補助物を公開した後、これまでの能力値と経験についての詳細な説明を続けた。「突然、すべてを打ち明ける理由は何なのか?」というチェ・ムジャの質問にイ・スヨンは「1か月、時間をいただけないでしょうか」とし「僕が辞めます」と言って衝撃をもたらした。自分に向かってくる嵐が吹き荒れる前に、今日のような日常を送りたいイ・スヨンの切実な思いに心が動いたチェ・ムジャは上層部に「問題はない」という結論を伝え、調査が劇的に終結した。

そしてイ・スヨンは胸を焦がしながら自分を待っていたハン・ヨルムに会いに行き、心配するハン・ヨルムににっこり笑って「僕たち、ただ愛し合おうか?」と告白した。「愛し合おう。今日、今から…」と言ってハン・ヨルムにキスをすイ・スヨンとイ・スヨンについて多くは知らないが、「真心」1つでイ・スヨンの気持ちを受け入れたハン・ヨルムの美しい「空港キス」が視聴者をときめかせた。

一方、放送末尾、ハン・ヨルムとのデートのために車を運転していたイ・スヨンの腕に突然、車のキーがくっついた。その直後、イ・スヨンの腕が車のドアにくっついて離れなくなる「緊急事態」が発生。恐怖で怯える状態で腕を引っ張ろうともがくイ・スヨンの姿とウェアラブル歩行補助物の誤作動により車のドアがへこみ、窓が粉々に割れる衝撃のシーンが描かれて再び「予測不可能の衝撃のエンディング」を見せた。

このシーンは最高視聴率12.3%を記録した。
  • 毎日経済 スタートゥディ イ・ダギョム記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-10-31 09:09:00