T.O.P、1年6ヶ月ぶりにSNS再開

美術愛好家らしい近況報告 


BIGBANGのT.O.P(チェ・スンヒョン)が約1年6ヶ月ぶりにSNSでの活動を再開し、ファンに近況を知らせた。

T.O.Pは31日、インスタグラムに特にコメントなく、複数枚の写真を掲載した。彼が公開した写真の中に画家のマーク・グロットヤン氏の作品と自撮りが含まれている。

T.O.Pは以前から美術愛好家であり、さまざまな美術作品を所蔵している。特にマーク・グロットヤンとは格別な親交がある間柄だ。去る2016年にもマーク・グロットヤンとともに滑稽なセルカを公開し、友情を示したことがある。
  • T.O.PのSNSから



T.O.Pは昨年2月に義務警察に合格し、忠清南道の論山訓練所で訓練を終えて兵役を開始したが、服務117日めで薬物疑惑が摘発された。裁判で懲役10月と執行猶予2年を宣告されたT.O.Pは、義務警察不適合判定を受けて社会服務要員として転換され、現在はソウル市龍山区庁の安全災害課で、社会服務要員として国防の義務を果たしている。

2017年4月30日以降、SNS活動が皆無だったT.O.P。久しぶりに公開された彼の近況に、ファンはうれしそうだ。ファンたちは「いよいよ帰ってきましたね。美術作品が上がってくるのをみると、楽しく過ごしているみたいでよかったです」「顔も見たい。カムバックおめでとうございます」「これまで苦労が多かったはずなのに、よく耐えてくれてありがとう。久しぶりだとても嬉しいです」など、彼に向かって応援のメッセージを送った。

一方、T.O.Pは2019年6月29日に召集解除を控えている。

  • 毎日経済スタートゥデイ_チェ・ジウォン研修記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-10-31 16:42:16