トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「輝く星のターミナル」23・24話 イ・ジェフン、チェ・スビンにウェアラブルを公開 「これが本当の僕」

「輝く星のターミナル」23・24話 イ・ジェフン、チェ・スビンにウェアラブルを公開 「これが本当の僕」

「輝く星のターミナル」23・24話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「輝く星のターミナル」23・24話 イ・ジェフン、チェ・スビンにウェアラブルを公開 「これが本当の僕」
『輝く星のターミナル』でイ・ジェフンがチェ・スビンにウェアラブル歩行補助物を公開した。

12日に放送されたSBS月火ドラマ『輝く星のターミナル』ではイ・スヨン(イ・ジェフン)がハン・ヨルム(チェ・スビン)に自分のウェアラブル歩行補助物を見せる姿が描かれた。

この日、ハン・ヨルムは乱暴を働く男性を制止しようとしてナイフで刺され倒れた。ナ・ヨンジュがイ・スヨンに電話をしてハン・ヨルムの事故を知らせた。

その瞬間、イ・スヨンはウェアラブル歩行補助物なしで車椅子に乗っていて通り過ぎた学生とぶつかり携帯電話を地面に落としてしまった。彼は携帯電話を必死に取ろうとしたが車椅子から落ちてしまった。イ・スヨンはハン・ヨルムが怪我をしたことに憤慨し、乱暴を働いた男性の元恋人の空港の従業員に会いに行き「2度と報復されることはないだろう」と言って行方を尋ねた。以後、彼は直接犯人に会って路地で暴行を加えセキュリティチームに電話して彼の居場所を知らせた。

犯人は全身を青いテープで縛られた状態で空港のトイレで発見された。これを見たセキュリティチームは驚き、チェ・ムジャ(イ・ソンウク)はすぐにイ・スヨンを疑った。彼はヤン・ソグン(キム・ジス)に「誰かに危害を加えるために力を使うことに目をつぶることはできない」とイ・スヨンの勤務を反対した。これにヤン・ソグンは「証拠もないのに疑い、罪を着せるのも一種の暴力です」とイ・スヨンをかばった。

ミスター・チャン(パク・ヒョクグォン)はイ・スヨンの暴行を確認して怒鳴った。彼は「お前、ウェアラブル歩行補助物を初めて着けた日、俺が言ったことを忘れたのか?お前が新しく持った力は普通の生活を送るための贈り物だ。その贈り物は人を傷つけるために使ってはいけないし、お前の欲望のために使ってもいけない」と急き立てた。

これにイ・スヨンは「僕が愛する人が傷ついたのに何もしてはいけないのか?ゴミのような奴1人くらいは僕が懲らしめるこもできるじゃないか」と怒った。これにミスター・チャンは「お前の体がどうなるか分からない状況で何を言ってるんだ。欲張るな。ただ平凡な日常を送れ」と厳しい忠告をした。

幸いなことにハン・ヨルムは意識を取り戻し回復した。イ・スヨンはハン・ヨルムのお見舞いに行きハン・ヨルムの母ユン・ヘウォン(キム・ヨジン)に会った。イ・スヨンは「ハン・ヨルムさんのことがすごく好きです」と話しユン・ヘウォンは怪我をしたイ・スヨンを治療してあげて「痛みを感じられないと言っていたわね。とても痛いはずなのに顔もしかめない。つらかったでしょうね。まだ若いのに」と慰めた。

以後、イ・スヨンはハン・ヨルムの父ハン・ジェヨン(チェ・ウォニョン)が自分を救ってくれたことを打ち明けた。これにユン・ヘウォンが「縁というのは本当に不思議ね。互いに出会うのを見ると」と意味深長なことを言った。

そして、チョ部長はソ・イヌ(イ・ドンゴン)を呼んで「従業員の中にイ・スヨンという者はいるか?うちの子をぼこぼこにして空港のトイレに捨てた奴の名前がイ・スヨンだそうだ。あの時のあいつがイ・スヨンという名前ではなかったか」と追及した。

これにソ・イヌはイ・スヨンのことを知らないふりをして「何をしようというんだ?そんなことを疑問に思う時間に部下たちの取り締まりでもしっかりしろ。クォン・ボンと会長が会う時期を調整中なのに、こんなに重要な時期に空港でそんな問題を作ってどうするんだ?」と鋭く言い放ちその場から去った。これにチョ部長はイ・スヨンを調査しろと指示した。

続いて、イ・スヨンとハン・ヨルムは手をつないで夜の街を歩き、何度もキスをしてお互いの愛を確認した。イ・スヨンはハン・ヨルムの母ユン・ヘウォンが「ヨルムのことがとても好きなの?好きになる前はお互いの違うところに惹かれるけど、いざ付き合い始めるとその違う部分のせいで大変なこともあるわ。それでも、互いに違うことを隠してはダメ。何が違うのか知って初めて理解できるのよ」とアドバイスしていた。

ハン・ヨルムに告白する決心がついたイ・スヨンはハン・ヨルムを連れて家に向かった。彼は「見せるものがあります」と言ってハン・ヨルムの背後で服を脱いだ。これにハン・ヨルムはイ・スヨンの意図を誤解し、「私はまだそこまでの心の準備ができていなくて。そうやって脱いでいたら」とためらった。

以後、ハン・ヨルムはイ・スヨンのウェアラブル歩行補助物を見て驚愕した。イ・スヨンは「これが本当の僕です。僕はこんなにも普通とは違う人間なんです。こんな僕でも大丈夫ですか?」と切ない告白をして緊張感を高めた。
  • 毎日経済 スタートゥディ ホ・ウンギョン客員記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-11-12 23:13:38