「ルームメイト」ソン・ガヨンのダイエットの秘訣は?

2週で6kg減量した「ゾーン(zone)ダイエットメニュー」公開 

「美女ファイター」ソン・ガヨンが2週間で6kgの減量に成功した秘訣を公開した。

ソン・ガヨンは「Road(ロード)FC 017」大会日を4日後に控えてケーブルチャンネル、スーパーアクションとのインタビューでダイエットメニューを照会した。

大会を控えて減量に拍車をかけているソン・ガヨンが公開したメニューには脂肪を摂取するためにピーナッツとアーモンド、たんぱく質には鮭と鶏胸肉、炭水化物として果物が含まれていた。ソン・ガヨン選手がするこのダイエットは別名「ゾーン(zone)ダイエット」だ。インボディ検査で体の体脂肪量(体重から体脂肪量を抜いた数値)を基に一日の摂取量をブロックで計算して炭水化物、たんぱく質、脂肪を9:7:3の比率で摂取するダイエット法だ。ゾーンダイエットは身体が最高の効率で動くことができるゾーン(zone)の中に入っている新陳代謝の状態をいうもので、先立ってソ・ドゥウォン等の格闘技選手たちが好んでおこなうダイエットとして知られている。

またソン・ガヨンはゾーンダイエットと合わせてコーヒー水ダイエットを共におこなっていると明かして関心を集めた。コーヒー水ダイエットは2リットルのボトルにコーヒーエスプレッソ原液を入れて混ぜて飲むもので体の利尿作用を促進するものとして、真水を飲むときよりも味が加わった「コーヒー水」を飲めば飽きないという。これは主に格闘技選手たちが計量前に最後に入る「水分ダイエット(体の中にある水分を抜くもので主に格闘技選手またはボクシング選手たちが短時間で体重を落とすために行うダイエット)」のため、多くの量の水を飲まなければいけないために行うものだ。

ソン・ガヨンは「今回の試合のためにこのような減量をしながら一度も空腹に負けたことがない」とし「朝は寝ているため抜いて昼、夜、間食に分けて食べる。健康に食事をしっかり絞っているためか、むしろ以前よりもコンディションがとても良くなった気分だ。一日の摂取量の中でどんな食事を食べても関係がない」と強調した。

ソン・ガヨンは56kgから減量を開始、6kg程減量して現在の体重は50kgを記録している。計量まで3日残っている中で47.5kgまで2.5kgさらに減量できるのか関心が集中している。「ルームメイト」「拳が泣く」等様々な放送活動で先に名前を知られてきた美女ファイターソン・ガヨンは「Road FC 017」大会を通じてデビュー戦を戦う。5戦全勝のキックボクシング戦績を持っているソン・ガヨンは今回の大会でアマチュアリーグで4年間活動してきた日本強者エミ・ヤマモト(33)と47.5kg契約体重で対戦する。来る17日夜8時スーパーアクションで生中継される。
  • 毎日経済 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-08-13 14:48:39