トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > イ・ジョンソク、「死の賛美」で天才劇作家に…悲劇的な恋と芸術家の苦悩描く

イ・ジョンソク、「死の賛美」で天才劇作家に…悲劇的な恋と芸術家の苦悩描く


  • イ・ジョンソク、「死の賛美」で天才劇作家に…悲劇的な恋と芸術家の苦悩描く
『死の賛美』でイ・ジョンソクが描く眩しくも悲しい恋、苦しい時代の青春はどんな姿だろうか。

来る27日、SBSテレビシネマ『死の賛美』(脚本チョ・スジン、演出パク・スジン)が初放送される。『死の賛美』は朝鮮初のソプラノ歌手ユン・シムドクと彼女の恋人であり天才劇作家であるキム・ウジンの逸話を描いた作品。イ・ジョンソクとシン・ヘソンが主演として参加し、撮影前から話題作となった。

『死の賛美』に向けた大衆の熱い期待と関心、その中心にはイ・ジョンソク(キム・ウジン役)とシン・ヘソン(ユン・シムドク役)の2人の俳優がいる。演技力とスター性を同時に備えた2人の俳優が100年以上前の美しくも悲しい恋の主人公として会ったのだ。

2人の俳優の特別な作品解釈力、キャラクター表現力の調和をよく理解している視聴者は『死の賛美』を待ちわびる。

そのようななか『死の賛美』の制作陣が天才劇作家キム・ウジンに扮したイ・ジョンソクの撮影スチールを公開した。一瞬をとらえたスチールカットだが、暗い時代を生きていた青春の苦悩と痛み、その中でも輝く芸術家の感受性がものさびしくおさめられ、目を離すことができない。

公開された写真の中のイ・ジョンソクは一人で座ってペンで何かを書いている。想念にふけるような真剣な表情、多くの感情を抱いているような深みのある眼差しが芸術家特有の繊細な感性を示している。劇中、天才脚本家のキム・ウジンのキャラクターの特徴がはっきりと見えるシーンと言える。これはキム・ウジンという人物が実際に生きていた暗い時代とつながり、さらに胸が締め付けられる響きをプレゼントする。

何よりも俳優イ・ジョンソクのキャラクター表現力が感心を誘う。小物であれば小物、ビジュアルであればビジュアル、演技力であれば演技力、すべての面で天才的な脚本家キム・ウジンというキャラクターを完璧に表わしている。カメラを正面から見ていないにも関わらず、イ・ジョンソクという俳優が持つイメージとオーラがそのまま感じられる。

SBSテレビシネマ『死の賛美』が特別な理由は様々だ。

その中でも、この作品が注目を集める最大の理由は、これまで深く扱われてこなかった天才脚本家キム・ウジンの作品の世界を再照明するためだ。よく知られた悲劇的な恋のほか、時代により泣いて苦しんだ青春の苦悩、これを芸術へと昇華した若者の情熱がすべて含まれているという意味だ。さらに強力なエネルギーから繊細な感性まで、すべてを表わすことができる俳優イ・ジョンソクがこれを描き出す。

時代劇でドラマに復帰するイ・ジョンソク。さらに悲劇的な愛と暗い時代の中の青春の苦しみ、アーティストの苦悩をすべて見せる『死の賛美』でのカムバックだ。撮影スチールを介して『死の賛美』の中のイ・ジョンソクへの期待はさらに高まっている。来る27日夜10時に初放送。

  • イ・ジョンソク、「死の賛美」で天才劇作家に…悲劇的な恋と芸術家の苦悩描く
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-11-16 11:40:35