「胸部外科」最終回あらすじ オム・ギジュン&コ・ス&ソ・ジヘ 真の医師の姿で結末を迎える

「胸部外科:心臓を盗んだ医師たち」31・32話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

『胸部外科:心臓を盗んだ医師たち』が勧善懲悪で幕を下ろした。

去る15日に放送されたSBS水木ドラマ『胸部外科:心臓を盗んだ医師たち』ではチェ・ソクハン(オム・ギジュン)がユン・ヒョンイル(チョン・ボソク)の悪行を暴露する姿が描かれた。

この日、ユン・ヒョンイルとチェ・ソクハンは心臓移植の待機順位をすり替えた。元々1位だったユンソ(シン・リンア)が2位に追いやられ大統領選候補のハン・ミンシク(チョン・ドゥギョム)が1位になった。2人の策略に気づいたパク・テス(コ・ス)とユン・スヨン(ソ・ジヘ)は心臓を盗むことを決意した。

病院の同僚の助けにより心臓を無事に盗んだパク・テスとユン・スヨンはユンソの心臓移植手術を成功させた。目の前で心臓を奪われたユン・ヒョンイルは怒り、チェ・ソクハンに記者たちの前でハン・ミンシクの心臓移植は上手くいったと話せと指示した。チェ・ソクハンは最終的にユン・ヒョンイルの言葉に従った。

続いて、チェ・ソクハンがパク・テスとユン・スヨンの計画を事前に知っていたという事実が明らかになった。パク・テスはチェ・ソクハンに「全部知っていたのに僕達を防ごうとしなかった。だから諦めたと思いました」と言ったが、チェ・ソクハンは「私はまだ終わっていない」と目を輝かせた。

チェ・ソクハンは自分自身を訪ねてきたユン・ヒョンイルに「心臓を入手して来い。そうすれば私がすべて元に戻しておいてやる」と宣戦布告した。これもユン・ヒョンイルは「脳死した患者がいないなら作らないと。すぐに脳死になっても疑われない患者の名簿だ」と名簿を渡した。

ハン・ミンシクの心臓移植関連の記者会見を控えたチェ・ソクハンはこれまで密かに録音しておいたユン・ヒョンイルとの会話を暴露しようとした。しかし、これに気付いたユン・ヒョンイルはチェ・ソクハンが記者会見の会場に行けないように閉じ込め、全ての彼の責任にしようとした。しかし、パク・テスとユン・スヨンがチェ・ソクハンからあらかじめ受け取った会話を録音したファイルを公開してユン・ヒョンイルの悪行が世に知られた。

結局、ユン・ヒョンイルとチェ・ソクハンは法の裁きを受けるためテサン病院を去った。1年後、チェ・ソクハンが執行猶予で釈放されたという知らせを聞いたパク・テスはチェ・ソクハンに小児心臓センターの着工のニュースを知らせテサン病院に戻ってきてくれと頼んだ。テサン病院に復帰したチェ・ソクハンはパク・テス、ユン・スヨンと再び手術室に立った。

一方、『胸部外科:心臓を盗んだ医師たち』の後続作としてチャン・ナラ、チェ・ジニョク、シン・ソンロク主演の『皇后の品格』が来る21日から放送される。
  • MBNスター ソン・ジナ記者 / 写真=「胸部外科」キャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-11-16 10:54:00