「ビューティー・インサイド」 別れたソ・ヒョンジン&イ・ミンギが再会…最終回まであと2話


『ビューティー・インサイド』でソ・ヒョンジンとイ・ミンギの再会が捉えられた。

放送終了までわずか2話のJTBC月火ドラマ『ビューティー・インサイド』側は19日、ハン・セゲ(ソ・ヒョンジン)とソ・ドジェ(イ・ミンギ)の切なくときめく再会シーンを公開して視聴者たちの好奇心を刺激した。

魔法のようなロマンスで他とは違うときめきを見せたハン・セゲとソ・ドジェは切ない運命の前で悲しい別れを迎えた。お互いの痛みを抱いて危機を克服して愛を育んできたハン・セゲとソ・ドジェ。しかし、ソ・ドジェが顔面認識障害を患うことになった10年前の交通事故が原因がハン・セゲだったという真実は2人の心を揺れ動かした。

結局、ハン・セゲは罪悪感で引退まで宣言し姿を消した。彼女を掴むことができなかったソ・ドジェは崩れ落ち嗚咽するエンディングは切なさを届けた。

ハン・セゲとソ・ドジェは再び愛し合うことができるのか注目が集まる中、公開されたスチールカットの中の「世紀のカップル」の再会シーンは切ない余韻を呼び起こす。小さな書店の前で出会ったハン・セゲとソ・ドジェ。ハン・セゲに本を渡すソ・ドジェの姿は過去、ハンカチを渡したソ・ドジェの姿とオーバーラップされ、ときめきを増幅させる。何も言わず、ただ見つめる2人。揺れるハン・セゲの瞳には彼を思う気持ちが溢れる。別のスチールカットの中、ハン・セゲを胸に抱いたソ・ドジェの表情には胸いっぱいの幸せな気持ちが見える。

『ビューティー・インサイド』15話ではハン・セゲとソ・ドジェの別れのその後が描かれる。自分がソ・ドジェの人生を台無しにしたと思ったハン・セゲは華やかだった生活を捨てて消えた。自責の念を抱いていたハン・セゲの気持ちを知っていたのでソ・ドジェは一世一代の決心をする。

公開された予告映像でハン・セゲに「戻ってくる。何としてでも生きていて」という手紙を残したソ・ドジェ。

続いて、ハン・セゲの顔に気づいたように、「あなたはこういう顔だったんですね」というソ・ドジェのセリフに注目が集まった。奇跡的な再会は捉えられたが、なかなか表情が読めないハン・セゲとソ・ドジェがどのような選択をするのか、様々な推測が飛び交っている。運命的に出会い、魔法のように恋に落ちた「世紀のカップル」が回り回って再びお互いのそばに戻るのだろうか。

『ビューティー・インサイド』の制作陣は、「愛のために別れたハン・セゲとソ・ドジェなので再会も容易ではない道だ。残り2話では普通ではなかったハン・セゲとソ・ドジェの愛の方法が描かれる。最も『ビューティー・インサイド』らしい結末を描く『世紀のカップル』の姿を最後まで楽しんでほしい」と期待を高めた。

『ビューティー・インサイド』15話は今日(19日)、韓国時間の夜9時30分にJTBCで放送される。
  • 毎日経済 スタートゥディ チン・ヒャンヒ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-11-19 13:40:34