トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「死んでもいい」17・18話 カン・ジファン、タイムループでコンミョン&ペク・ジニのキスを妨害

「死んでもいい」17・18話 カン・ジファン、タイムループでコンミョン&ペク・ジニのキスを妨害

「死んでもいい」17・18話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「死んでもいい」17・18話 カン・ジファン、タイムループでコンミョン&ペク・ジニのキスを妨害
『死んでもいい』でカン・ジファンの勘違いでペク・ジニに憎たらしい復讐を開始した。

去る5日の午後に放送されたKBS2水木ドラマ『死んでもいい』17、18話ではイ・ルダ(ペク・ジニ)が自分とヵン・ジュンホ(コンミョン)の間で二股をかけていると勘違いしたペク・ジンサン(カン・ジファン)が彼女に対し復讐(?)を始め、お茶の間を笑いの渦に巻き込んだ。

店頭で横暴な態度の客を容赦なく追い出して本社から解雇通知を受けたペク・ジンサンは彼の正義感溢れる行動をメディアに情報提供した市民のおかげで大きな応援を受けた。これに解雇が取り消されたのはもちろん、本社復帰とMWチキンのモデル抜擢まで一気に行われ、一瞬で自分の状況を逆転させた。

そして自分のことのように喜ぶイ・ルダを見てペク・ジンサンのナルシスト気質が再び発動し始めた。彼女を胸に抱きながら1人でドキドキしていたペク・ジンサンと彼の鳥肌が立つ行動に身震いするイ・ルダの相反する感情が視聴者たちを笑わせた。

2人は高級レストランで真面目に話し合いながらも、まだ同床異夢の状態だった。自分のことを好きだと確信していたペク・ジンサンはイ・ルダの気持ちを探り、好きな人がいるという彼女の言葉に、「じゃぁ、今日から1日だね」と1人で勘違いするなど笑えるけど泣ける(?)ワンマンショーでお茶の間に笑いを呼び起こした。

しかし、ペク・ジンサンの自己陶酔はそれほど長くは続かなかった。イ・ルダとカン・ジュンホの遊園地デートを尾行した彼が2人の特別な関係に気づいたのだ。「イ・ルダが自分をだました」と怒った彼はタイムループを利用して殺伐な復讐(?)をすると、ついに2人がキスするタイミングに時間を戻すという憎たらしい行動に出た。

これイに・ルダは「チーム長にとってはタイムループがいたずらなんですか?自分の命をそんな風に扱ってなんとも思わないんですか!本当に人間失格ですよ。チーム長は本当に最悪です!」とし、「そんなに死にたかったらずっと死んでください」と鋭い忠告を言ってペク・ジンサンのメンタルを崩壊させた。

このように、これまで更生プロジェクトにより変化していたペク・ジンサンの隠された悪徳気質が再び発動し、彼の「勘違い」がもたらしたダイナミックな1日が視聴者たちに笑いを届けた。

一方、ある瞬間から呪いを浴びせても、ペク・ジンサンが死なないため2人は混乱と喜びを味わった。放送末尾、ペク・ジンサンは泣きっ面に蜂で正体不明の人物から脅迫を受けて命の危険を感じ、この事実を知ったイ・ルダはタイムループで彼を救うために心から死んでしまえと叫んだ。果たして彼女の切実な願いが消滅したタイムループを復活させ、ペク・ジンサンを救うことができるのだろうか。

一方、『死んでもいい』は今日(6日)、韓国時間の午後10時に放送される。
  • 毎経済ドットコム MKスポーツ シン・ヨンギョン記者
  • 入力 2018-12-06 08:04:55