トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「死んでもいい」23・24話 ペク・ジニ、カン・ジファンを救おうとして死亡…衝撃の結末

「死んでもいい」23・24話 ペク・ジニ、カン・ジファンを救おうとして死亡…衝撃の結末

「死んでもいい」23・24話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「死んでもいい」23・24話  ペク・ジニ、カン・ジファンを救おうとして死亡…衝撃の結末
『死んでもいい』が意外な展開にまたさらなる意外な展開を繰り広げ歴代級のエンディングでお茶の間を衝撃の渦に巻き込んだ。

13日に放送されたKBS2水木ドラマ『死んでもいい』は過去、ペク・ジンサン(カン・ジファン)の部下だったキム・ヒョンジョン(キム・サヒ)が彼から人格的な侮辱を受けて退社した後、火災事故で生死が危うい状態だという事実が明らかになり緊張感あふれるストーリーで始まった。

さらに、キム・ヒョンジョンの父の警備員(キム・ジョンホ)がペク・ジンサンに恨みを抱いているという事実に気づいた人事チーム長ユン・ドンチャン(チョ・ハンチョル)は契約社員を正社員に転換させたペク・ジンサンにより不利益を被ると、復讐を開始しキム・ヒョンジョンの状態をマスコミに公開すれば彼女の医療費を支給するとして警備員を利用した。

これは、大きな波紋を呼んだ。

キム・ヒョンジョンに謝罪するために彼女の父に会ったペク・ジンサンは彼がMWチキンの警備員で、これまで自分の命を狙っていた犯人だったという事実を知って衝撃を受け、自分を屋上の手すりに追いやって死ねと脅迫する彼に何もできずにいた。これまでペク・ジンサンの性格を更生しようと奮闘したイ・ルダは危険な状況に直面したペク・ジンサンを救うために「お願いです。私たちとヒョンジョンさんを会わせてください。会ってちゃんと心から謝罪させてください」と警備員を説得したが、最終的に屋上から墜落し、血だらけになり死亡する衝撃的な展開が続いた。

イ・ルダの死を目の前で目撃したペク・ジサンは大きな衝撃を受けた。また、彼女が残した音声メッセージに、自分がずっと聞きたかった「チーム長は良い人です」という言葉を聞いた彼は彼女の死に涙を流し、視聴者たちの目がしらも熱くさせた。一歩遅れて伝えられたイ・ルダの気持ちと彼女を生かしたいペク・ジサンの切実な思いが歴代級のエンディングを誕生させた。

このように、ペク・ジンサンを助ける過程で発生したイ・ルダの死は視聴者に衝撃と混乱を届けた。さらにタイムループもなくなった状態なので、今後の展開をさらに予測することが難しい状態だ。これに視聴者の関心が最高潮に高まっている。

MWチキンも衝撃の連続だった。死んだとばかり思っていたカン・インハン(イン・ギョジン)の兄が生きているという事実が明らかになり、彼の息子のカン・ジュンホ(コンミョン)は大きな衝撃を受けた。また、ユ・シベク(パク・ソルミ)はカン・インハンの欲望を逆手に利用して彼を解任させ湧き上がる欲望を爆発させて絶頂へと駆け上がっていくオフィス激戦に注目が集まる。

虚を突く展開でお茶の間を魅了している『死んでもいい』は19日、韓国時間の午後10時に放送される。
  • 毎日経済 スタートゥディ ヤン・ソヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-12-14 09:23:35