トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「リターン」2018年ミニシリーズドラマ平均視聴率1位、2位以降は?

「リターン」2018年ミニシリーズドラマ平均視聴率1位、2位以降は?


  • 「リターン」2018年ミニシリーズドラマ平均視聴率1位、2位以降は?
SBSドラマ『リターン』が2018年に放映されたミニシリーズの視聴率ランキングで最終的に1位を確定した。

2018年1月1日から12月20日現在まで、SBSとKBS、MBCを含む地上波とJTBC、MBN、TV朝鮮、チャンネルA、tvN、OCNなど総合編成とケーブルで数十作のドラマが放送された。

このうち、ニールセンコリアがミニシリーズ部門の視聴率を調査した結果、ドラマ『リターン』が全体1位を記録した。

1月17日から3月22日まで放送されたチュ・ドンミンPDとチェ・ギョンミ作家の『リターン』は弁護士と刑事が犯行を犯した上流階級のグループを圧迫しつつ真実を追究するストーリーを描いた。

初放送当時、ニールセンコリアの首都圏(以下、同じ)視聴率6.7%でスタートしたドラマは最高視聴率19.6%と、平均視聴率14.96%を記録して華やかに最終回を迎えた。そして、この記録は1年を通して維持された。

2位は7月7日から9月30日まで放送されたtvN『ミスター・サンシャイン』で有料プラットフォーム基準で平均視聴率14%を記録した。3位はKBS 2TV『私たちが出会った奇跡』、4位と5位はそれぞれ現在放送中のtvNの『ボーイフレンド』、そして『賢い監房生活』となった。

6位と7位には感性ロマンスが描かれて良い評価を受けたSBSの『先にキスからしましょうか』と『三十ですが十七です』が平均10%を越え、8位は皇室ロマンスリラーというジャンルを標榜した『皇后の品格』だった。特に『皇后の品格』の場合は7%台でスタートしたが、20日の放送分が最高視聴率が18%台を超えた状況で12月の最終週には順位がさらに上昇すると予想される。

9位と10位にはKBS 2TV『黒騎士』とtvNの『100日の郎君様』がそれぞれランクした。

SBSドラマ関係者は「今年、地上波とケーブル、総合編成で放映されたすべてのミニシリーズの中で『リターン』が1位を記録した。また、『リターン』のチュ・ドンミン監督が演出している『皇后の品格』の急上昇も注意深く見守っている」とし「2019年にもSBSはさらに面白いドラマを披露するのでたくさん期待してほしい」と明らかにした。

一方、2018年のドラマを総決算する「2018 SBS演技大賞」はMCシン・ドンヨプとイ・ジェフン、シン・ヘソンの進行で12月31日夜8時55分からSBSを通じて放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-12-21 09:14:27