トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「死んでもいい」でコンミョンが見せた演技の幅広さに注目集まる

「死んでもいい」でコンミョンが見せた演技の幅広さに注目集まる


  • 「死んでもいい」でコンミョンが見せた演技の幅広さに注目集まる
『死んでもいい』を通じて俳優コンミョンの再発見がされている。

KBS2水木ドラマ『死んでもいい』でコンミョンは代理からはじまり、課長、本部長までサクサクと昇進し成長しているカン・ジュンホを熱演し活躍中だ。キャラクターの微妙な感情線の変化をディテールに表現し、演技の幅の広さを見せ視聴者から熱い好評を得ている。

▶心配NO !カン・ジュンホ代理

会社のことには全く関心がなかったカン・ジュンホ(コンミョン)は自由奔放な人生を追求し、現代の最高のクールガイとして生きてきた。

コンミョン(カン・ジュンホ)は何をするか分からない行動と心配事などないように見える天真爛漫な口調で登場し、お茶の間に「カン・ジュンホ」のキャラクターを刻印させた。それだけでなく、彼の高貴に見えるビジュアルと男性の友人にしたいほどの素敵な表情はカン・ジュンホの幼気な姿をより一層引き立たせた。

▶愛に熱血、カン・ジュンホ課長

イ・ルダ(ペク・ジニ)に興味を持ち、恋愛モードになった彼の姿は視聴者の胸をドキドキさせた。マーケティングチームの課長に部署を移した後、彼女とより近くで過ごしチームメンバーがいるオフィスの中でも躊躇せずに愛の告白もした。ハートがぴょんぴょん出ているコンミョンの甘い眼差しがカン・ジュンホのストレートな魅力を増大させた。

▶落ち着いた素敵な大人、カン・ジュンホ本部長

こんなガンジュンホも大切な人の前では頼もしい人間に変わる。自分の祖父の会社MWチキンが外部業者に奪われる危険に直面すると、会社を守るために明晰な頭脳で会社の問題を解決する意外な姿で妙な緊張感を届けた。

コンミョンの熱い眼差しと頼もしい姿は真の大人に成長したカン・ジュンホの変化を繊細に見せて視聴者たちから好評を得た。

コンミョンは大きな変化を遂げているキャラクターの成長過程を繊細に描き出して女心を揺るがし、独歩的なキャラクター「カン・ジュンホ」を誕生させた。カン・ジュンホの多彩な魅力ポイントをさらに増大させたコンミョンの活躍が最後まで『死んでもいい』をどのように輝かせるのか期待を集めている。

コンミョンの多彩な演技の幅の広さを感じることができる『死んでもいい』は26日に29、30話が放送される予定で、27日に最終回を控えている。
  • 毎日経済 スタートゥディ ヤン・ソヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-12-24 11:34:12