トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「赤い月青い太陽」21・22話 イ・イギョン、怪しい気配を感じるVIXXエンと緊張感を漂わせる

「赤い月青い太陽」21・22話 イ・イギョン、怪しい気配を感じるVIXXエンと緊張感を漂わせる

「赤い月青い太陽」21・22話 

▶ この記事にはドラマ本編の内容の一部が含まれています。

  • 「赤い月青い太陽」21・22話 イ・イギョン、怪しい気配を感じるVIXXエンと緊張感を漂わせる
俳優イ・イギョンが没入度の高い熱演を繰り広げてお茶の間を魅了した。

去る27日午後に放送されたMBC水木ドラマ『赤い月青い海』でカン・ジホン(イ・イギョン)はチョン・スヨン(ナム・ギュリ)と潜伏勤務をしていた中、殺人容疑者から攻撃され倒れた。衝撃的なエンディングで多くの人々の関心を集めている。

特に、この日の放送では刑事カン・ジホンが児童虐待犯コ・ソンファン(ペク・ヒョンジン)の無残な死体を発見し、視聴者に衝撃を与えた。続いて、カン・ジホンは事件現場でチャ・ウギョンとハナが見あたらなかったので警察に指示を下した後、失踪捜索をしながら鋭い捜査の目を輝かせ裏庭のくぼみから幼児の遺骨を発見するなど刑事カン・ジホンの活躍が注目を集めた。

それだけでなく、カン・ジホンはハナの行動から事件の糸口を見つけるためにハンウルセンターのカウンセラーを調査した。この過程で怪しい気配を見せるイ・ウンホ(VIXX エン)と緊張感を漂わせた。

これにイ・ウンホは自分を疑うような姿を見せる刑事カン・ジホンにひとこと言うと、カン・ジホンは「疑うのが仕事なのでやめることはできない。刑事を辞めたらやめるよ、いいだろう?」と秘密を隠しているようなイ・ウンホに対し疑いの糸を離さない姿を​​見せて今後、繰り広げられる展開の中で2人の関係がストーリーにどのような影響を与えるのか、視聴者の関心が集中している。

このように、イ・イギョンは作品で虐待された子供たちの事件を捜査する刑事カン・ジホンに完璧に扮し、劇中のキャラクターが徐々に変化する様子を繊細な演技で表現するなど、見る人を魅了したのに続いて一寸先も期待することができない展開の中、ドラマの中心軸を担って今後、彼が繰り広げる活躍に期待が高まっている。

一方、『赤い月青い海」は毎週水曜日と木曜日、韓国時間の夜10時に放送される。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ キム・ナヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-12-28 09:25:02