トップ > エンタメ > K-POP > 防弾少年団(BTS)の肖像権を侵害…所属事務所が注意喚起

防弾少年団(BTS)の肖像権を侵害…所属事務所が注意喚起


  • 防弾少年団(BTS)の肖像権を侵害…所属事務所が注意喚起
防弾少年団の所属事務所Big Hitエンターテインメントは5日、防弾少年団の公式ファンカフェと会社のSNSを介して「肖像権侵害出版物 - STAR FOCUSスペシャルマガジンに対するBig Hitエンターテインメントの立場」を発表した。

Big Hitエンターテイメントは「昨日(4日)、MGMメディアが『STAR FOCUS スペシャルマガジン』を教保文庫、アラジン、イエス24などを介して予約販売していることを確認し、この出版物の付録に所属アーティストである防弾少年団の写真集とDVD、フォトカードを提供することが明示されている」とし「防弾少年団の肖像および氏名を利用した出版物の付録は自社と防弾少年団から事前承認を得ておらず、所属アーティストの肖像権や氏名権を不法に侵害してている」と説明した。

Big Hitエンターテイメントは昨年11月、すでに1度『STAR FOCUS スペシャルマガジン』の出版社であるMGMメディアに肖像権侵害の出版物に関する訴訟を行っている。

これについてBig Hitエンターテイメントは「MGMメディアが2018年12月に発行しようとしたSTAR FOCUSの写真集『BTS History 深層取材版』について本の出版禁止などの仮処分を申請し、ソウル南部地方裁判所第51民事部は、MGMメディアが防弾少年団の氏名と肖像を商業的に利用して不正競争行為をしたという点を認識し、所属事務所の同意なしに写真集/DVD/ブルーレイ/スチール写真/ブロマイド/ポスター/サインなどを印刷、製本、製作、複製、 配布、販売、輸出してはならず、この命令に違反する場合、Big Hitエンターテインメントに1日当たり2000万ウォンずつ支給することになった」と明らかにした。

Big Hitエンターテイメントは「最近、当社および所属アーティストの同意なしに肖像と知的財産権を無断で使用している違法出版物やコンテンツなどが急増しており、これを深刻な問題として認識している」とし「所属アーティストの知的財産権保護のための専門部署を設置して、社内外法務資源を活用してアーティストの知的財産権の保護を必要とするすべての措置を尽くす」と強硬対応を示唆した。

また、ファンや消費者にも「知的財産権を侵害した出版物に対する積極的な法的措置をとる過程で予約購入したファンと消費者の被害が最小限にとどまるように努力する」とし「今後、知的財産権を侵害する出版物やコンテンツ購入に注意していただきたい」を要請した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-01-05 09:16:03