トップ > エンタメ > スターニュース > 「アルハンブラ宮殿の思い出」14話 パク・シネ、ヒョンビンを心配する切ない想い

「アルハンブラ宮殿の思い出」14話 パク・シネ、ヒョンビンを心配する切ない想い

「アルハンブラ宮殿の思い出」14話 

▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

  • 「アルハンブラ宮殿の思い出」14話 パク・シネ、ヒョンビンを心配する切ない想い
『アルハンブラ宮殿の思い出』でパク・シネが濃い感情演技でロマンス演技の女王らしい姿を見せた。

去る13日午後に韓国で放送されたtvN『アルハンブラ宮殿の思い出』(脚本ソン・ジェジョン、演出アン・ギルホ、制作スタジオドラゴン、チョロクベムメディア)はチョン・ヒジュ役を演じたパク・シネがゲームと現実の中を行き来する危機的な状況の中で、ヒョンビン(ユ・ジヌ役)を思う切ない感情線を描き出してドラマの深みを加えた。

ヒジュは警官を避けて逃げるジヌを見て心配に包まれた。レンズをはめてゲームにログインをしていたヒジュはジヌがゲームの中のテロリストと戦いを繰り広げ、警察を撒く姿を目撃したからだ。

ジヌを心配してゲーム中のジヌの位置を追っていたヒジュは衣料品店のフィッティングルームでジヌを発見した。無事にジヌを見つけたヒジュは彼を抱きしめて安堵した。

一方、ヒジュは100レベルを達成して消えてしまったジヌを見つけるためにさまよった。ジヌの位置を知ることができる唯一の手段であるゲームにログインしたままジヌを探していたヒジュは高レベルの地域に進出した。四方から飛んでくる銃弾にもかも関わらずジヌを探すヒジュの姿はジヌを思う切ない気持ちを感じさせた。

続いてヒジュはジヌと最後に一緒にいたフィッティングルームに向かった。もしやと思いフィッティングルームに入ったヒジュは空っぽのフィッティングルームを見てがっかりした。その後、ヒジュは過去にゲームと現実の両方の世界で窮地に追い込まれたジヌと極限の状況で交わした切なくて切実なキスを回想した。跡形もなく消えたジヌ、そして彼の行方を追って迷うヒジュの姿は深くなった2人の感情を濃く描き出して視聴者をドラマに引き込んだ。

このようにパク・シネはチョン・ヒジュ役を演じながらゲームと現実の中の混乱した状況で、ジヌへの心配と愛する心の複合的な感情を細かく描き出してドラマに深みを与えた。

彼女は極限の状況で、さらに濃くなるヒジュの感情線を切なく描き出している。最終回までわずか2話だけを残した状況で、彼らの関係がどのように展開するのかが注目される。
  • MBNスター キム・ノウル記者 / 写真=tvN放送画面キャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-01-14 10:45:00