トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「真心が届く」イ・ドンウクとユ・インナが初対面のスチールカット公開

「真心が届く」イ・ドンウクとユ・インナが初対面のスチールカット公開


  • 「真心が届く」イ・ドンウクとユ・インナが初対面のスチールカット公開
tvN水木ドラマ『真心が届く』のイ・ドンウクとユ・インナの最初の出会いが公開された。

2019年tvN最初の水木ドラマ『真心が届く』(脚本イ・ミョンスク、チェ・ボリム、演出パク・ジュンファ)はある日、ドラマのように法律事務所に落ちてきた女優オ・ユンソ(ユ・インナ)が完璧主義の弁護士クォン・ジョンロク(イ・ドンウク)に出会ってから始まる偽装就業ロマンスだ。イ・ドンウクとユ・インナが主演を務め、パク・ジュンファ監督が演出を引き受けて新年の視聴者の心に届くドラマとして期待を集めている。

15日、『真心が届く』側がイ・ドンウク(クォン・ジョンロク)とユ・インナ(オ・ユンソ / 本名オ・ジンシム)の初対面スチールカットを公開した。公開されたスチールの中のユ・インナはイ・ドンウクに握手を求めつつ、さわやかな笑顔を浮かべているものの、イ・ドンウクはそのようなユ・インナが理解できないとでも言うように冷たい目つきをのぞかせている。

これは劇中、ユ・インナが正体を隠した(?)まま「オールウェイズ法律事務所」に初出勤した姿を描いたもの。特に正体を隠しているにしては頭からつま先までフルセットされたユ・インナの女優らしい姿が注目を集める。黒のミニドレスにファーコート、大粒のイヤリングまで華やかな出勤スタイルと法律事務所をセット場にしてしまう女優らしいオーラに視線を奪われる。

何よりも、ユ・インナの直属の上司になるイ・ドンウクの反応が注目を集める。美貌を誇って登場したユ・インナの姿にもかかわらずイ・ドンウクは全く動じない「石仏」のような表情。さらに怒りを抑え込むような表情でユ・インナを見ている。

『真心が届く』側は「クォン・ジョンロクとオ・ユンソの甘く殺伐とした最初の出会いをはじめ、事あるごとにぶつかりあいながら積み上げていくケミストリーで視聴者たちをひきつける予定だ。完璧主義の弁護士クォン・ジョンロクと韓国を代表する女優オ・ユンソが描く偽装就業ロマンスに期待してほしい」と伝えて期待を高めた。

一方、イ・ドンウクとユ・インナ主演のtvN水木ドラマ『真心が届く』はドラマ『ボーイフレンド』の後続として、来る2月6日の夜9時30分に初放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-01-15 16:05:10