IZ*ONE、デビューから3カ月にして4度目の新人賞


IZ*ONEがデビューから3カ月目にして4度目の新人賞を獲得した。

IZ*ONEは去る15日、ソウル市にある高尺スカイドームで開催された「第28回ソウル歌謡大賞」で新人賞の受賞とともに華やかなパフォーマンスを披露し、強烈な存在感を見せた。

昨年10月に最初のアルバム『COLOR*IZ』でデビューと同時に新人らしくない波及力と話題性を作り出したIZ*ONEは「2018 AAA」、「2018 MAMA」、「第33回ゴールデンディスクアワード」に続き、今回の「ソウル歌謡大賞」でまで、断然最高のルーキーであることを立証してデビュー3カ月目にして新人賞の4冠王という大記録を樹立した。

受賞後、IZ*ONEは「このように意義深い賞を下さってとても感謝します。私たちが夢見た瞬間が実際に描かれるたびに、本当に幸せで胸が一杯になるだけに、責任感が生まれるようです」とし「まだたくさん不足している私たちに過分な愛くださるウィズワンの皆さんのおかげで本当にたくさんの経験をすることができたようです。この瞬間を忘れずに、今年もさらにがんばるIZ*ONEになります」と所感を伝えた。

これに加え、IZ*ONEはこの日、デビューアルバムのタイトル曲『La Vie en Rose』の舞台を通じて魅力的なパフォーマンスを披露し、観客と視聴者たちの視線を同時に捕らえた。

一方、韓国の授賞式で連日新人賞に輝いているIZ*ONEは2月6日に日本デビューシングル『好きと言わせたい』の発売を控えている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者 / 写真=KBS W 放送画面キャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-01-16 08:13:41